サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2008年の10大ニュース。

2008年の10大ニュース。

Basser編集部=写真と文
~つづきです。以下、自慢話が続きます~

「下駄の鼻緒」か「ミサンガ」か。



結果的にアングラーズバンドは「ミサンガ」。切れてよかったほうでした。



編集後記を数えてみたら、今年は62尾のバスに恵まれたのですが、

やたらと40cm以上のが釣れてくれました。

62尾中半分くらいが40cmを超えてて、そのうち10尾は45cmも超えてて、

挙げ句50cmまで釣ってしまいました。

残り1週間ですが、まだ無事に年が越せるかわからないぞ、ってくらい

今年はバカヅキしていました。

年々、釣る数は減っていて、今年は三桁にも遠く届かなかったのですが、満足度は高し。

霞ヶ浦、印旛沼、牛久沼、利根川、バンザイです。

b2
牛久沼にてT.O.バズで。我が釣り人生3尾目の50cm。T.O.バズはこれがラスイチだったのですが、アゴの硬くて厚い部分にがっちり掛かっていたので、外すためにバーブをつぶしてしまいました。クラッカーがプラ製のバズってほかに見当たらない……。困りました。

001
霞ヶ浦にて4inパワーホッグの17gテキサスリグで。
元編集部員M島先輩からもらった「激重! 筋トレ!! フルーガーフリッピンロッド」で初めて釣りました。けど……、もういいッス。乳酸がたまった腕でフッキングしたら、肘から手首がピーン&ズッキーン(つった)。で、バス落としそうになったし……。困ったちゃんなロッドだ。

b1
印旛沼にてベビーアクションキャットの5gテキサスリグで。47cm。ベビーアクションキャットは残り3本。日本中の在庫がありそうな店に片っ端から電話したけど補充できず。個人輸入するしかないのか……。困りました。

b3
霞ヶ浦にてメタボックのノーシンカーリグで。とくに困ったことはなし。いいフックも見つけました。

b4
利根川水系にて3inパワーホッグの2.7gテキサスリグで。今のところこれが今年のラスバス。ラスバスは12月中に釣りたいのですが、チャンスが残り少ない……。困りました。

春先、北浦で川村光大郎さんの「1325投」取材以降、本格的にシーズンインした影響なのか

いや、たぶん思いっきり影響を受けてるのでしょうけれど、

今年はテキサスリグとジグばかり使ってたような気もします。

朝、バズとバズジェットを巻く。

昼、テキサスリグとジグで撃つ。

夕、バズとバズジェットを巻く。

そんなハイシーズンの毎日。



と、いうことでヤマガタの2008年10大ニュース第1位は、

「本人が1番ビックリ! ヤマガタ、なぜかデカバス率高し」でした。(ヤマガタ)

2008/12/25

<< 2008/12 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING