サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Q 昨年のオールスタークラシック号は読んでいただけましたか?

Q 昨年のオールスタークラシック号は読んでいただけましたか?

Basser編集部=写真と文
YES! の方
基本的に誌面に掲載した内容なので、『相羽的。其の五』についてネタバレに配慮せずに書きます。

NO! の方
「試合結果は知ってるよ」という方も今日のブログは読まないでください。バックナンバーのご注文、お待ちしております。




























YES! の方のなかでも『相羽的。其の五』の購入を予定していたら読まないほうが……。ちょろっと書くだけなので、何十分の一も伝わらないとは思いますけれど。




























試合1日目の朝イチにバズベイト(デュアルソニック)で釣ったところに、相羽さんの「らしさ」がよく現われていると思いました。



「パッと見、風裏になっていてよさそうだから」

予定外のエリアで足を止め、

「トップに出そうな雰囲気だから」

ストレージからタックルを引っ張り出してバズベイトを結ぶ。



これをオールスタークラシックの緊張感のなかで

朝イチにやれてしまうところが凄い。本当に凄いと思います。

プライベートフィッシングならいざ知らず……。

ad





前日の大雨で状況が変わったのは明らかでしたが、

それにしたってモーニングバイトが期待できる朝イチは

「試したことがあるもののなかから、
もっとも可能性が残っていそうなエリアと釣り方」

を選ぶものです。

いいプラをした人ほど試合ではそうなりがちで、

状況変化に気づいても、少なからずプラのエリアや釣り方を引きずるのが「普通」です。





ほかにもグラスコンポジットでテキサスリグを巻いて釣ったり、

霞ヶ浦の中層でほんの数10cmレンジを調節することでバイトを得たり、

随所で「普通じゃない」相羽さんが観られます。



試合中にも関わらず、しゃべりまくり、笑いまくりで

緊張感に欠けるようにも

そのせいでミスってるようにも見えるかもしれませんが、

これは相羽さんの「普通」なので、釣果には影響してないと思います。

取り組み方は「ドMですか?」ってくらいストイックな人ですけど、

釣りをしてるときはいつも、試合中でもだいたい幸せそうなので。



は~、気分転換にと思って観たら、

逆に、釣りがしたくなってストレスが……。(ヤマガタ)

2009/1/11

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING