サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

GWの課題。

GWの課題。

Basser編集部=写真と文

「GW中にバスを1尾、何が何でも釣ること」

と、クチイシに課題をだしていました。


なにもプロ並に上手い必要はありませんけど、

編集部員は実体験を重ねないといい取材ができないし、

実のある原稿も書けません。


それに、たま~にですけど、

「自分たちで何が何でも釣らなきゃいけない取材」というのもありますので、

プレッシャー慣れしておく必要もあります。


で、クチイシですが、必死で釣ってきました……、初バスを。

え、初バス?

そう、初バスなのです(遅ッ!)。

k_001
朝6時スタートで釣れたのは夕方4時とのこと。
「釣らずに出社したら必殺される(汗)」とかなり焦ったらしいです。かなり経験値が上がったのではないでしょうか。

k_002
ダムダムホッグ(ジャッカル)の7gテキサスリグで釣ったそうな。今後、クチイシの切り札になること間違いナシ。

k_003
ワタクシ(ヤマガタ)も、GW中にしっかり釣らせていただきました(バス、ニゴイ、カニなど)。
この日は朝5時に出船して釣ったのが夕方5時。クチイシよりヤバい追い詰められっぷり。
けど、デカかったッス。テキサスリグで釣りました。


皆様のGW中の釣果はいかがでしたでしょうか。

basser_beya@tsuribito.co.jp

宛に「自慢な写真」をお送りください。

お待ちしております。(本日の夕方発で琵琶湖へ取材に行くヤマガタ)

2008/5/7

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING