サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

GWの課題。

GWの課題。

Basser編集部=写真と文

「GW中にバスを1尾、何が何でも釣ること」

と、クチイシに課題をだしていました。


なにもプロ並に上手い必要はありませんけど、

編集部員は実体験を重ねないといい取材ができないし、

実のある原稿も書けません。


それに、たま~にですけど、

「自分たちで何が何でも釣らなきゃいけない取材」というのもありますので、

プレッシャー慣れしておく必要もあります。


で、クチイシですが、必死で釣ってきました……、初バスを。

え、初バス?

そう、初バスなのです(遅ッ!)。

k_001
朝6時スタートで釣れたのは夕方4時とのこと。
「釣らずに出社したら必殺される(汗)」とかなり焦ったらしいです。かなり経験値が上がったのではないでしょうか。

k_002
ダムダムホッグ(ジャッカル)の7gテキサスリグで釣ったそうな。今後、クチイシの切り札になること間違いナシ。

k_003
ワタクシ(ヤマガタ)も、GW中にしっかり釣らせていただきました(バス、ニゴイ、カニなど)。
この日は朝5時に出船して釣ったのが夕方5時。クチイシよりヤバい追い詰められっぷり。
けど、デカかったッス。テキサスリグで釣りました。


皆様のGW中の釣果はいかがでしたでしょうか。

basser_beya@tsuribito.co.jp

宛に「自慢な写真」をお送りください。

お待ちしております。(本日の夕方発で琵琶湖へ取材に行くヤマガタ)

2008/5/7

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING