サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

高滝湖のオリキンさん。

高滝湖のオリキンさん。

Basser編集部=写真と文
ご存知、折金一樹さん。

詳しくは、こちら(http://www.o-s-p.net/jp/report.php?auth=9)を。
dgh
この写真は、昨年のオールスタークラシック1日目終了後の夜のもの。

後ろで高速で動いている(?)のは、

右が小野俊郎さんで、

左が並木俊成さん。

おふたりがかつて某社に同期で入社したことはわりと有名な話。

ま、このへんのお話は風太郎さんにお任せです。


で、オリキンさんが何をしているかというと…
dh
ドライブクロー、くわえてます。カメラを向けると何かしてくれます。


月日は流れ…、今年の1月25日、高滝湖にて。
xc
通称「女子トイレ前」と呼ばれる(?)スポットで、

ドライブクローのヘビダンでキャッチ。



実はこの数分前に僕は初バスを釣りました。

ごいっしょした川村光大郎さんは釣りまくりました。

で、この日、ボートで出ていたオリキンさんが戻って来…

た、と、思ったら

僕らの前をスルーして躍るように、転がるように

すでにけっこう暗くなってる水辺へ…


---ほんの1、2分後---


くるくる回りながら水辺から戻って来たオリキンさんの手には

このバスが握られていたのです。

このお人、めちゃくちゃ釣ります。


弊誌では数年前にレツが取材していて、

がっつり、ばっちり釣ってくれましたし、

一昨年の真冬、ササキと黒部川へ遊びに行ったときに

オリキンさん&川村さんペアとお会いして、

その日の釣果は

オリキンさん4尾(45、40、35、35)

僕1尾(30)

ササキ1尾(30)

川村さん…、爆睡。

たしかこのときもオリキンさんはドライブクロー(プロトタイプのテキサスリグ)で釣ってました。



自らくわえてみることで、ルアーの美味しいところが理解できるのでしょうか。

オリキンさん、不思議な、とってもよく釣る、

どこか野武士のような雰囲気もある人です。(ヤマガタ)

2009/3/11

<< 2009/3 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…

最新号 2019年4月号

 ビッグベイトを総力特集。コンテンツにはいま注目のワードがこれでもかと並びます。「エイトトラップ」「ディープトレーサー」「発売15周年目のジョイクロ」「世界一のジャイアントベイト」「B.A.S.S. ELITE AOY in Lake BIWA/ブランドン・パラニューク来日」。さらに、最新作を含むビッグベイトや専用リールのインプレッション、今すぐ役立つ低水温期のテクニックから理論まで、約70ページにわたるビッグな特集は読みごたえ充分。2月、3月の投げ時にピッタリ合った非常にタイムリーな内容です。
 そしてついに開幕した米国BPT(バス・プロ・ツアー)レポートやティムコ50周年史、プリティーシャッド20周年特別企画、ダイワのNewコンセプト「CT」詳報、田辺道場などなど、今月号も一冊まるごと特濃の内容となっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING