サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

霞ヶ浦は本湖も流入河川も好調。

霞ヶ浦は本湖も流入河川も好調。

Basser編集部=写真と文
昨日、ササキといっしょに霞ヶ浦へオカッパリに行ってきました。

本湖(石田~玉造)と流入河川(新川・恋瀬川・園部川)と、

けっこう広い範囲を巡って5尾。

個人的には大満足な釣果です。

44cm(ヒレボロ)・1300g(本湖の水門)メタボック + キロフックハイパー♯4/0
42cm・1200g(川のアシ)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
39cm・1000g(川のアシ)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
33cm・ 700g(川の岸際)ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
25cm・ 300g(本湖のアシ)ゼロワンジグ14g + ビッグダディー
計  4500g

ところで、「哀・カメラマン」ササキが休みなので、今日アップできる写真はこの1枚だけです。
kf
川で釣った700g。実際のサイズ(33cm)以上に大きく感じる、コンデションのいい魚でした。
ロッド:TAV60CMJ/リール:TD-Z105HL/ライン:スーパーFCスナイパー14Lb/ルアー:ゼロワンジグ5g + ドライブクロー
コータロー(川村光大郎)先生の言う「落ちパク」が体験できました。

「型の本湖、数の川」という普段どおりの霞ヶ浦でしたが、
オカッパリからねらえるシャローのバスに限れば
川のほうが魚のコンデションは断然よく、どのバスもパンパンに肥えてました。

なので、僭越ながら申し上げます。今、岸からねらうんなら川! です。
アシの水面下に目をこらすと、デカエビとデカゴリがいっぱい張り付いてました。
きっとバスに美味しく「食」されていることでしょう。

一方、ボートでは、沖の各所で固め釣りも成立しているようです(難易度高し。たとえば僕なんぞには実現不可能なパターンですけど)。
そういうエリアで釣れるバスは何を「食」べているんでしょうか。

26日発売の次号は、そんな秋バスの「食」をテーマにお届けします。(ヤマガタ)

2008/9/22

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING