サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

試練の週末そして勉強

試練の週末そして勉強

Basser編集部=写真と文

ササキです。

先週末、大学の後輩のBくんと相模湖に行ってまいりました。

水温は18℃、しとしとぴっちゃんな感じの小雨で、超釣れそう!

朝イチにベントミノーに40cmクラスのチェイス(あと3cmでUターン)があったため、

1日中トップばっか投げました。

昼にBくんが10cmのバスを釣り、

心から「いいなぁ」と思いました。

んで、ふたりともナイスバイトを乗せられず、傷心で青田ワンドへ。

B君が浮き漁礁の際に投げたベントミノー86で……。

image0006


どべーんと50cmクラス。
(ちゃんと計ってません。ロッドに印をつけて後で計ったら53cmでしたが、
柴田さんの桟橋では、「たぶん長めに計っちゃってるから」ということで公称は49cmに)

着水後2秒ポーズ、そのあとのチョンでグワッ!と。

このバスを釣った後、B君の足が震えっぱなしで、

ついでに僕の膝もガタガタで、

船が揺れるほどでした。

そして僕はノーフィッシュ。

桟橋でほかのアングラーに話を聞くと、ノーシンカーなどで2桁釣ってる人もいました。

その日はほとんど寝られず、

翌日曜日は午前中に所用を済ませ、

午後から土砂降りの中、馬場くんをむりやり誘い、

弁慶堀に。

image0005


トップ熱冷めやらず、フロッグを投げ倒しました。

雨でできた流れ込み+オーバーハングでドベン!と出るもバラシ……。

45cmクラスの魚体が見えた瞬間ポロリでした。

まじめな話涙が出ました。

その日も寝られず、ハァハァしながら

『クロスオーバー4』を見てお勉強。

3093



トップ的な釣りがハマった高滝湖と芦ノ湖篇を見ているうちに、

「次は釣れる!」と前向きな気持ちになりました。

(ササキ)

2011/6/1

<< 2011/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING