サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

触ればわかる、「ベイトフィネス展示&説明会」

触ればわかる、「ベイトフィネス展示&説明会」

Basser編集部=写真と文


いよいよ3時間後に迫ってきました!

って、告知が遅れただけですが、

本日16時より上州屋渋谷店で

ベイトフィネス展示&説明会が開催されます。

上のリンクのとおり、講師は沢村幸弘さん! 

ではなく

Basserストマック調査隊隊長の大津清彰さんです。



大津さんといえば、今月号の「潮汐力」を始め

弊誌にたびたび寄稿していただいている方です。

(一部では痛リール製作者としてのほうが有名ですが……)



今回のイベントに関しては、物に「実際に触れる」のが大きいと思います。

ぶっちゃけ、そうしてみるまでは、

僕自身がベイトフィネスなんて眉唾物だと思っていた人間だからです。



「ベイトフィネス」という言葉は昔からありますし、

1.8gシンカー+3inパワーホッグのテキサスリグ(フロロ10~14Lb)や

3inヤマセンコーのノーシンカーリグ(フロロ8~12Lb)は

僕も以前からベイトタックルで使っていました。



これくらいの重量のリグならベイトタックルで扱っている人は多いはず。

「そんなリグならスピニングタックルでいいでしょ?」と思う人は、

通っている釣り場の特徴的に、ベイトフィネスである必然性がないんでしょう。

僕も地元の釣り場を思い出してみると……、スピニングでいいな、と思います。

ともかく上記のリグなら

ノーマルのTD-Z105HL(劣化気味)でもキャストできますし、

ピッチングも近距離ならいけます。



ただ「できる」「いける」というレベルですが、

できるし、いけることには違いないので、

超軽量・超高回転スプールを組んだベイトリールと、

それに合わせて進化したロッドなんてどーなのよ? と思っていたわけです。





実際にキャストしてみたK.T.F.やZPI”チューンドは凄かった……。

個人的に、実際の釣りではたいして重要ではないのですが、

「3.5inカットテールのノーシンカーリグがスピニングより飛ぶ」のは衝撃的です。

重要な部分でいえば、やはり軽量なリグを気兼ねなくピッチングできること。

従来のリールでは、ロッドをどうしようが扱いにくさは我慢!

だったのですが、

こりゃロッドも変わる(ローパワーモデルが充実する)のは

当たり前だな、と感じました。



そういうわけで、

長くなりましたが、ベイトフィネスに懐疑的な人ほど

「実際に触れる」ことをおすすめします、ということです。


以下、蛇足です。


将来的に、「ベイトフィネス」という言葉は、

残りこそすれど徐々に廃れていくと思います。

たとえば「パワーフィネス」という言葉も、

「スピニングタックル+PEライン」が普及したことで、逆に使われなくなりました。

「地デジ」という言葉の賞味期限が残りわずかなのも同じことだと思います。


ウルトラライトパワーやライトパワーのベイトロッドが、

ハイパワーモデルといっしょに同シリーズに当たり前にラインナップされる。

近い将来にそうなったとき、

「ベイトフィネス」という言葉は役割を終えるんでしょう。

そうなるくらい、この釣り方というかスタイルは普及すると思います。


(ホリベ)

2011/3/4

<< 2011/3 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING