サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

観てきました、七色ダム戦(JB TOP50第2戦)。

観てきました、七色ダム戦(JB TOP50第2戦)。

Basser編集部=写真と文
結果はご存知のとおり、相羽純一さんの優勝!

つ、強ええ。

これでワールド、TOP 50の通算勝利数は「6」。

今江克隆さんの記録に並んでしまいました。

野尻湖はもちろん、桧原湖も遠賀川も好きな相羽さんですから、

今期の残り3試合で「7」まで記録を伸ばす可能性、大です。

それどころか「8」とか「9」とか……。

可能性がないのは「10」だけでしょう。

改めて、強い!



さて、今大会の取材テーマは「上流組を追う」でした。

具体的には「加藤誠司さんと北大祐さんを追う」です。

このおふたり、自他ともに、そしてお互いが認める「上流フェチ」でして、

試合のたびにバッティングしているといっても過言ではありません。

で、とくにリザーバー戦でハイスコアをマークすることが多いんです。

七色といえばロクマル級が多く棲むフィールドですから、

そういうバスを見せてほしいという希望を込めて、

当初から追うことを決めていました。



超簡単に説明すると、加藤さんのパターンは……。
1
ベイトフィッシュの群れについているデカバスに……。

2
なんかの拍子に補食行動のスイッチが入ってベイトを追いはじめると、ベイトはパニくってナブラが立つので……。

3
それを待って(探して)、ヴェイロンやIシャッドでフィーディングモード全開のデカバスを仕留めるというものでした。超簡単に書くと、ですよ。実際は難しいことこの上ナシ。七色のバスは超セレクティブですから。



一方、北さんのパターンも基本的にはサイトですが……。
4
ベイトフィッシュパターンも追いつつ、メインはバスがスポーニングしそうな場所重視のサイト。誤解がないように書くと、すでにネストを護っている個体を釣っていたのではなく、ベッドの場所を探している(もしくはすでに場所を決めかけている)個体をねらっていました。これからいよいよスポーニングするバスなので、1年のなかでもウエイトがマックス級に重くなっているわけです。

相羽さんと同ポイントで予選を通過した北さんは、決勝でもスーパービッグフィッシュを掛けました。ちなみにこれは失敗写真。沖に立っていたナブラを撮影している最中にファイトが始まったので、焦って露出設定を変えるのを忘れました。ちゃんと撮れたのは誌面用に出し惜しませてください(ゴメンなさい)。
5
相羽さんもビッグフィッシュパターンを確立していましたが、それに充分対抗できるサイズとウエイトのバスでした。


そんでもって下馬評で大本命、本人も自信満々で優勝宣言して臨んだ相羽さん。
6
有力選手だから追うべきなのでしょうけれど、そんなの無理ッ! 絶好調で走り回ってるときの相羽さんを追うには、基本的に同船するしかありません。今大会は船外機が最大15馬力に規制されていましたが、それでもペースが早いし、こっちの取材艇は2馬力だし、不可能ッ!

7
それでも頑張ってはみるもので、偶然にも相羽さんが初日のスーパービッグを仕留めた瞬間に遭遇できました。トップと周回遅れのドベが並んで走るようなものでしょう。ラッキーです。

トーナメントの取材では、選手のデータ(フィールドや季節ごとの得意不得意と好不調)やフィールドの特徴を考慮して、できるだけいい場面に遭遇できるように回るエリアと時間配分を決めています。
今回は、やはり上流大好き・秦拓馬さんのビッグフィッシュ賞ゲットシーンに立ち会えなかったくらいで、上位選手はほぼ押さえることができました(相羽さんの競技中の写真は不足気味ですけど)。

けど、まぁ、取材としては成功しても、しょせんは机上の空論。エリアや時間がハマっても、それを釣果に結びつけられるのは選手のウデがあればこそ。自分じゃ釣れないことがわかっている分、選手が釣るシーンを目撃してスカっとできたりするのです。(ヤマガタ)

2008/5/21

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING