サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

行ってきました旧吉野川(JB TOP50第4戦)

行ってきました旧吉野川(JB TOP50第4戦)

Basser編集部=写真と文


と、まぁ、大熊一徳さんのブログのような書き出しですが

車で行って帰ってくるだけでも疲れる往復1400km

加えて連日の猛暑! …酷な試合でした



「今年は夏がなかった」

なんてウソウソ

あっついのなんのってお天道様の下では体感気温40度超

デッキのあちこちに仕掛けられた金属部品(ストレージの蝶番など)に

あやまって触れようもんならホントに焼けどします

選手のお船に同船していて3リットルも用意した飲物が尽きたときは

気が狂いそうになりました(帰着後に2リットルの水をスルスルと一気飲みできました)



以下、バッチイ話ですのでお食事中の方はサヨウナラです



で、そんだけガブガブ飲んだにもかからわず

取材中は1度しか「小」をもよおしませんでした

飲まないとやってらないというか生きてられない…

結果がよかった方も悪かった方も、選手の皆様、本当にお疲れ様でした



そんな試合が終わっても戦いはまだ終わりません

最難関とも言える自宅(千葉県)までの帰りの700km運転が残っとるからです

必死に自宅を目指しましたが…

ちょうど道中半ばの浜名湖SAで撃沈!

静岡県の広さに心が折れて車中泊です



同SAでは僕より先に撃沈していた選手(千葉県在住)がいたり

目が覚めたら周りに撃沈している選手(千葉県在住)が増えていたり

「半分まではがんばろう!」

と、みんな考えることはいっしょです



で、無事に本日の出勤時間前に帰社して(帰宅はできず)

昼ころに某選手に電話してみると

「う~ん、まだ浜名湖だよ」

って、お疲れなのはわかりますけど

寝過ぎですよ(笑)



本題の試合がどうだったかというと

それはもう完全に青木大介選手と江口俊介選手のふたりの世界

割って入る隙はまったくございません状態で

昨春の旧吉野川戦に続いてまたもこの両選手が優勝を争いました

前回は江口選手の勝ち



今回は青木選手の勝ち



ふたりとも本当に強ぇ~です

(ヤマガタ)

2009/9/7

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING