サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

行ってきました旧吉野川(JB TOP50第4戦)

行ってきました旧吉野川(JB TOP50第4戦)

Basser編集部=写真と文


と、まぁ、大熊一徳さんのブログのような書き出しですが

車で行って帰ってくるだけでも疲れる往復1400km

加えて連日の猛暑! …酷な試合でした



「今年は夏がなかった」

なんてウソウソ

あっついのなんのってお天道様の下では体感気温40度超

デッキのあちこちに仕掛けられた金属部品(ストレージの蝶番など)に

あやまって触れようもんならホントに焼けどします

選手のお船に同船していて3リットルも用意した飲物が尽きたときは

気が狂いそうになりました(帰着後に2リットルの水をスルスルと一気飲みできました)



以下、バッチイ話ですのでお食事中の方はサヨウナラです



で、そんだけガブガブ飲んだにもかからわず

取材中は1度しか「小」をもよおしませんでした

飲まないとやってらないというか生きてられない…

結果がよかった方も悪かった方も、選手の皆様、本当にお疲れ様でした



そんな試合が終わっても戦いはまだ終わりません

最難関とも言える自宅(千葉県)までの帰りの700km運転が残っとるからです

必死に自宅を目指しましたが…

ちょうど道中半ばの浜名湖SAで撃沈!

静岡県の広さに心が折れて車中泊です



同SAでは僕より先に撃沈していた選手(千葉県在住)がいたり

目が覚めたら周りに撃沈している選手(千葉県在住)が増えていたり

「半分まではがんばろう!」

と、みんな考えることはいっしょです



で、無事に本日の出勤時間前に帰社して(帰宅はできず)

昼ころに某選手に電話してみると

「う~ん、まだ浜名湖だよ」

って、お疲れなのはわかりますけど

寝過ぎですよ(笑)



本題の試合がどうだったかというと

それはもう完全に青木大介選手と江口俊介選手のふたりの世界

割って入る隙はまったくございません状態で

昨春の旧吉野川戦に続いてまたもこの両選手が優勝を争いました

前回は江口選手の勝ち



今回は青木選手の勝ち



ふたりとも本当に強ぇ~です

(ヤマガタ)

2009/9/7

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING