サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

納豆の消費量。

納豆の消費量。

Basser編集部=写真と文

ひとりあたりの消費量では、秋田県がNo.1だった記憶があるけど、今はどうなのか。

ちなみに僕の納豆消費量はかなり多い。

1年365日で食わない日はほぼナシ。

少なく見積もっても330日は納豆を食べてます。

家で食えない日も、定食屋で納豆を頼み、コンビニで納豆巻きを買って…

とにかく納豆は食う。

ご飯にかけずに、そのまま食うことも。

ついでに豆乳も好きなので、大豆消費量もハンパないはず。



そんな感じなので、家の冷蔵庫にはだいたい納豆が。

けれど、取材などで家を空けることが少なくない仕事柄、

計算を間違えるとたいへんなことに…

消費期限ってものがありますから。



あ、消費期限内にキレイに食い切るなんてことは考えてません。

1週間切れ程度ならぜんぜんイケます。

ということで

一昨日の晩飯と、昨日の朝飯と晩飯(晩酌)、そして今朝で

3個パック×4=12個を一気食い!

1食3個はなかなか手強かった…

そんな無理がたたり、ついに今日の朝飯で…



もう、しばらく納豆はいいな…

こんなタイミングが年に何度かあるので、365日は食えないわけです。

(ヤマガタ)

2010/1/21

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING