サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

答え:ぐりぐりラインを巻いてキャッチ

答え:ぐりぐりラインを巻いてキャッチ

Basser編集部=写真と文
問いのバスを掛けたのは並木敏成さんで、場所は千葉県の亀山湖。

こんな状況でした↓ 立ち木とボートの距離は7、8mです。
01
普通ならラインを巻き取りつつボートを進めて
吊り下がっているバスを空中キャッチするところですが……

02
ご覧のとおり、大減水で激浅になっていたスポットで掛けたので
ボートを寄せることができませんでした。
だからぐりぐり巻いて、
ドボン!とバスを落としてからキャッチするしかありませんでした。

こういうファイトは、写真と文より
断然、動画で観たほうが面白いですよね。

ちなみにウキクサのマットカバーの下の水深は
なんと20cm未満でした!

03
4mの減水でオーバーハングは遥か頭上。
ウキクサのシェードがあるとはいえ、バスの背中が出そうなほどのどシャロー。

そこでなぜフロッグなのよ!? とか
このファイトシーンなどが収められたDVDを現在、製作中。

月刊Basserの季節連載「Chase!」のムービー版です。

基本的には理詰めでバスを探しつつ、
現場の閃きで力押しでもグイグイ行く並木さんの魅力が満点です。

ご期待ください!

(ホリベ)

2013/1/31

<< 2013/1 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING