サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

秘境ロケ!?

秘境ロケ!?

Basser編集部=写真と文
関和学さんのブログ(http://ameblo.jp/manabu-man)

をご覧の方はすでにご存知かと思いますが

つい先日、5月11日に「オカッパリで行こう!」の取材をしてきました。

2
48cmの1850g! 琵琶湖じゃありませんし、背景の加工とかもしてませんよ。こういう場所なんです。

こんなバスを筆頭にクランクベイトなどで10「連」発!(と言っていいはず)

うち5尾が40cmアップ!

重いほうから5尾で計6kgいったかも。

残りの30cmアップも重たいのなんのってお腹パンパンのプリばかり。



「10連発ってどこの秘境でロケしてきたの?」と聞かれそうですが、

場所は関東随一の超メジャーレイク。

関東の釣り場と言えば? と聞かれたら、たぶん1番に思いつくあそこです。

あそこのある意味シークレットというか盲点的エリア。

ちなみにあそこはゴールデンウイーク中に大爆発していたらしいです。



誰に聞かれても、次号発売までは僕は何もしゃべりません。



信頼と実績で正々堂々の「オカッパリで行こう!」ですから

次号にはバッチリ地図入りで掲載します。

連載もすでに50回を数えていますが

次号51回目が1番衝撃的な内容。



砂浜から沖へクランクベイト遠投して釣るって……

あの釣り場でそんなのアリなのか!?

(ヤマガタ)

2010/5/15

<< 2010/5 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめ記事

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING