サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

知ってますか、芋煮会。

知ってますか、芋煮会。

Basser編集部=写真と文
秋の山形県では、コンビニやスーパーの店先で薪の束が売られている。




それは、なぜか。




学校のクラスや部活、町内会など、さまざまな単位で鍋と薪を用意し、

里芋、牛肉、タマネギ、コンニャクなどなどの食材を持ち寄り、

「河原で」「醤油ベースの鍋」を作るためだ。




イメージとしては「春の花見」と同じ、季節のイベントである。




宮城県では、ジャガイモと豚肉で「味噌ベースの鍋」を作るのが芋煮会とされているが、

それは「豚汁」であって「芋煮」ではない。

宮城県出身の人が読んだらさぞ不満だろうが、山形県出身者としては譲れないところだ。




学生時代、宮城県出身者との折衷案で「醤油・味噌ミックス、里ジャガ芋牛豚煮」を作ったがマズかった。

そして酒が入っていたこともあって喧嘩になり、関わった全員(軽い気持ちで口を挟んだ他県出身者を含む)が川に落ちるという大惨事に……。

秋になるたびどこかで繰り返されているはずの芋煮抗争。




しかし、豚汁派よ、これを見よ!

山形県民は芋煮会にこれほどの熱意を注いでいるのだ。

imo1
「日本一の芋煮会フェスティバル」

「会」なのか「祭(フェスティバル)」なのかはっきりしろ! とツッコミたくなるが、問題はそこではない。


このイベントは……

「山形商工会議所青年部が平成元年に始めたイベントで、

6mの大鍋に

里芋3t

牛肉1.2t

コンニャク3500枚

ネギ3500本

味付けの 醤油700リットル

隠し味に日本酒50升

砂糖200kg

そして 水6t を入れ

6tの薪(ナラ材) で煮炊きする、おいしさもスケールもまさに日本一なのです。」

以上「日本一の芋煮会フェスティバルホームページ(http://www.y-yeg.jp/imoni)」より抜粋。


「トン」とか「リットル」とか、もはやなんの単位かわからないほどの食材を集め、

クレーンまで導入して「5万食の芋煮」を作るのだ!

imo2
どなたか存じませんが白衣のあなたが日本一の鍋奉行! 落ちたら煮え死ぬ、命がけの大岡裁き中!(意味不明)


20周年を迎える今年も絶賛開催予定。

9月7日(日)は馬見ケ崎河川敷・双月橋付近(巨鍋があるから行けばわかる)へGO!

詳しくはhttp://www.y-yeg.jp/imoniをご覧ください。(ヤマガタ)

2008/9/3

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2017年8月号

精鋭5人による初夏のオカッパリバトル勃発!  「第9回 オカッパリAllstar Classic」を開催。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。  競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。  JBTOP50では、第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING