サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

知ってますか、芋煮会。

知ってますか、芋煮会。

Basser編集部=写真と文
秋の山形県では、コンビニやスーパーの店先で薪の束が売られている。




それは、なぜか。




学校のクラスや部活、町内会など、さまざまな単位で鍋と薪を用意し、

里芋、牛肉、タマネギ、コンニャクなどなどの食材を持ち寄り、

「河原で」「醤油ベースの鍋」を作るためだ。




イメージとしては「春の花見」と同じ、季節のイベントである。




宮城県では、ジャガイモと豚肉で「味噌ベースの鍋」を作るのが芋煮会とされているが、

それは「豚汁」であって「芋煮」ではない。

宮城県出身の人が読んだらさぞ不満だろうが、山形県出身者としては譲れないところだ。




学生時代、宮城県出身者との折衷案で「醤油・味噌ミックス、里ジャガ芋牛豚煮」を作ったがマズかった。

そして酒が入っていたこともあって喧嘩になり、関わった全員(軽い気持ちで口を挟んだ他県出身者を含む)が川に落ちるという大惨事に……。

秋になるたびどこかで繰り返されているはずの芋煮抗争。




しかし、豚汁派よ、これを見よ!

山形県民は芋煮会にこれほどの熱意を注いでいるのだ。

imo1
「日本一の芋煮会フェスティバル」

「会」なのか「祭(フェスティバル)」なのかはっきりしろ! とツッコミたくなるが、問題はそこではない。


このイベントは……

「山形商工会議所青年部が平成元年に始めたイベントで、

6mの大鍋に

里芋3t

牛肉1.2t

コンニャク3500枚

ネギ3500本

味付けの 醤油700リットル

隠し味に日本酒50升

砂糖200kg

そして 水6t を入れ

6tの薪(ナラ材) で煮炊きする、おいしさもスケールもまさに日本一なのです。」

以上「日本一の芋煮会フェスティバルホームページ(http://www.y-yeg.jp/imoni)」より抜粋。


「トン」とか「リットル」とか、もはやなんの単位かわからないほどの食材を集め、

クレーンまで導入して「5万食の芋煮」を作るのだ!

imo2
どなたか存じませんが白衣のあなたが日本一の鍋奉行! 落ちたら煮え死ぬ、命がけの大岡裁き中!(意味不明)


20周年を迎える今年も絶賛開催予定。

9月7日(日)は馬見ケ崎河川敷・双月橋付近(巨鍋があるから行けばわかる)へGO!

詳しくはhttp://www.y-yeg.jp/imoniをご覧ください。(ヤマガタ)

2008/9/3

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING