サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

相羽純一さん的。に

相羽純一さん的。に

Basser編集部=写真と文
ポークを仕込んでみました(ちょっと自分流にアレンジしてますけど)。



1. 保存液をしっかり洗い流す。

2. ポークフレックスを直にぶっかけ、もみ込んでラップする。

3. 室温で30分~1時間放置。室温は高いほうが軟化が早く進みます。

4. 硬さをチェック。

5-1 OKならポークフレックスをしっかり洗い流して完成。

● ここまでは相羽さんに教えてもらったとおりです。

5-2 まだダメなら飽和するまで濃いめに溶かしたポークフレックス液を作り、
   それにポークを浸して70℃くらいのお湯で「湯せん」30分~1時間。
   デロデロになっても責任は取れませんので10分に1度は必ずチェック。
   それから、中学生のころにポークをぐつぐつ煮込んだら、
   当然のようにガチガチになりました。熱湯はダメよ。


※ポークも水温ひと桁台の冷水では若干、硬くなりますので、
 気持ち軟らかめに仕上げておくと、現場で好みの状態のものが使えます。

p
スーパークローの「当たりビン」を引いたようで、3個(右)とも1.5~1軍豚になりました。

昨春にダメ豚だった2個(左)も、トンカチでガンガン痛めつけたあと、薄めに作ったポークフレックス液に浸してひと夏を越したところ、すっかり忘れたころに使える状態になってました。



今日(12月28日)、このポークで今年のラスバスを釣ったはず!(書いてるのは12月26日です)。

(ヤマガタ)

2008/12/28

<< 2008/12 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING