サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

痛かったわけだ。

痛かったわけだ。

Basser編集部=写真と文
だいぶ前、1月22日にも書いたのですが、

相羽純一さんの結婚式の帰りに酔っぱらって小さな段差に足をとられ

グギベキバギィッ!

と、音が聞こえるくらい激しく足を挫きました。

その後2ヵ月くらい、座っていても左くるぶしの上が痛くて、

左足に体重をかけないようにしながら歩いていたのですが、

「足を挫く」という経験が人生初だったので、そういうもんなんだろうな、と。



ashi
サロメチール(肩こり、腰痛、関節痛に)を塗って、サポーターで締め付けてただけ。



月日は流れてつい先日、風邪をこじらせて総合病院へ行ったとき

ついでの気まぐれで院内をハシゴして左足首をレントゲン撮影。

半年以上経っても、足首を曲げる角度によっては痛みが残っていたからです。

その結果……

「そうとう痛かったはずですよね?」と、先生。怒って(あきれて?)ました。

はい、折れてたみたいです。靱帯もイっちゃってたらしく、痛みが残ったのはすぐにきちんと処置しなかったせいだとか。

といっても、日常生活に支障はなく、跳んだりはねたり、走ったりにも影響ナシ(座禅を組むと痛いけどそんな機会ないし)。

実は、骨折していたことが後日発覚したのはこれで2度目(今でも左小指の動きがぎこちない)。

病院はそんなことを確認しに行くところではないので、骨折したらすぐに行きましょう(当たり前か)。(ヤマガタ)

2008/8/16

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING