サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

琵琶湖南湖本+DVDはココがスゴい!

琵琶湖南湖本+DVDはココがスゴい!

Basser編集部=写真と文
まず、本作は名前のとおり、琵琶湖のなかでも

南湖にスポットを当てています。



南湖といえばレンタルボートも充実していますよね。

免許不要艇でもOKです。

登場するガイドの釣りを実践してみましょう!

それができる構成と内容になっているのがこの「本+DVD」なんです。

↓ その成果がこちら!
004
人生初の50cmアップ(2kg)と人生2尾目の50cmアップ(3kg超!)だそうです。


普通、ハウツーものといえば、

「有効なルアー」と

その有効なルアーの「操作方法」に

終始しますが、本作は違います。

と言っても、部長・奥村哲史先生のテクニックはバッチリ掲載・収録!

ココが見どころその1
001
「春に有効なアクション」知っていますか?

ジグヘッドリグにもジャークベイトにもスピナーベイトにも共通する

「あること」は、たぶんどんなルアーの使い方にも応用ができます。

春にルアーを使うときの「心構え」と言い換えてもOKだと思います。



見どころその2

「琵琶湖がホームです!」という皆様が

知っていそうでいないこと、

あるいは、もうちょっとよく知っていれば釣果に繋がることを

丁寧に解説してもらいました。

たとえば「放水量と湖流」など
002

少なくともウンチクが語れるようにはなります。

そのウンチクも、友だちに活かされてしまう(釣られてしまう)前に

ぜひご自身で釣果に繋げてください!



見どころその3

季節ごとに、南湖のどこで釣りをすればいいのかがザックリわかる!

「ザックリ」でも、あてどなく釣りをするよりは遥かにマシです!

このあたりは誇張はしませんよ(笑)

でも、上の「その成果」を見てください。

「自分でいいエリアが探せるようになる」

というところが重要です。
003
春のバスがどう動くのか、理由も含めてバッチリ解説!

有効なルアーの移り変わりもカレンダー形式で一目瞭然です。



突然思い立って春の琵琶湖へ釣りをしに行ったとしても

「どこで何をしていいかまったくわからない!」(←普通ならコレが当然w)

ということがないように、

よちよちとでも辿って行けばバスに繋がるガイドラインとなる「本+DVD」

それが本作なのです。1890円(税込)です。



大絶賛販売中につき、とくに琵琶湖界隈のショップで売り切れが相次いでいるそうで

ありがたい限りです。おかわり注文には迅速に対応いたします。

また、お買い求めいただいたアングラーの皆様、

とくに「あのルアー」は入手できましたでしょうか?

もうすぐそれが大活躍するときがきますよ~!!

(ホリベ)

2012/2/18

<< 2012/2 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING