サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

犬。

犬。

Basser編集部=写真と文
一昨日、霞ヶ浦で関和学さんの取材中に

ハッハッ、ヘッへッ言いながらダッシュで突っ込んできたので

「ザク2」の連射(連写)で撃退。



鼻っつらで「カシャッ!」。
fh
まだ反応が間に合っていない犬。

「うわッ! なんかヤラれた」
kj
って感じでのけ反る犬。



反応がおもしろいので

次はフラッシュをくれてやろうかと待ち構えていたのですが、

警戒して2度と射程には入ってきませんでした。

ちなみに犬は好き。

取材で関和さんのおかげでナイスなバスと…

怪魚の写真も撮れました。



関和さんいわく

「20年以上、カスミで釣りしてるけど

この魚は初めて釣ったよ」とのこと。

バスでもライギョでもニゴイでもシーバスでもカエルでもコイでもレンギョでもアユでもワカサギでもシラウオでもギルでもフナでもワタカでもボラでも…ありません。

というか、関和さんも僕もその魚の実物を見るのは初めてだったので、

現場では正体がわかりませんでした。

次号をお楽しみに。(ヤマガタ)

2009/4/9

<< 2009/4 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING