サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

漫画

漫画

Basser編集部=写真と文
超名作『シャカリキ!』

ついさっきコンビニで総集編を見つけて懐かしさのあまり購入。

映画化されたらしいですが、そっちにはまるで興味ナシ(この原作は越えられないでしょ)。

この漫画に感化され、マラソンにも興味があったので、

ロードバイクレースとマラソンの両方がやれるトライアスロンを始めたくらいハマりました。
shaka


で、トライアスロン部の先輩と友人は、同じ作者(曽田正人さん)の『め組の大吾』に影響されて

消防官になり、ハイパーレスキューを目指しております。

曽田正人さんの作品には「男の子が憧れるカッコよさ」が溢れています。



そういや幼稚園のころ、『タイガーマスク』の絵本を読んだ僕は、

親に「空手を習いたい」とねだったらしいです(覚えてません)。

5歳から15歳まで10年間やってました。

なので、今でも座り方は正座が一番楽に感じます。



吉田幸二さん原作の『バス・ハンター渡』は『週間少年チャンピオン』の連載をリアルタイムで読んでました。

バス釣りを覚えたのが先でしたが、まだ小学生だった自分にとっては教科書でもありました。

作者の金井たつおさんは山形県山形市出身。同郷の星です。



と、いうわけで漫画にかなり影響されながら生きてきました。(ヤマガタ)

2008/9/29

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2017年8月号

精鋭5人による初夏のオカッパリバトル勃発!  「第9回 オカッパリAllstar Classic」を開催。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。  競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。  JBTOP50では、第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING