サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

深江真一さんA.O.Y.!! ではまだない今シーズンのPAA

深江真一さんA.O.Y.!! ではまだない今シーズンのPAA

Basser編集部=写真と文

米国PAAツアーは第3戦を終了して深江真一さんがランキング1位。

今シーズンが始まった当初のスケジュールでは、これで深江さんがA.O.Y.でした。



が!



第1戦を深江さんが勝った直後に第4戦が追加になり(PAA内では元から4戦を予定していたようですが選手へのアナウンスが遅れた)

A.O.Y.レースも単純に全試合のポイントを合算する形式ではなくなりました。

新たに発表されたフォーマットとは、4試合中各選手のベスト3試合のポイントで競うというもの。



深江さんの場合、ここまで1位、8位、7位ですから、第4戦で8位よりも上の順位(7位以内)でフィニッシュしなければ、これ以上A.O.Y.レースで加点することはできません。

逆に、ここまで86位、4位、1位とかの順位で来ている選手(仮にA選手)の場合、通常のA.O.Y.レースでは深江さんを逆転してトップに立つのはほとんど不可能ですが、今シーズンのPAAに限っては86位をカットできるので、深江さんにとっては「4位、1位」という2つの上位フィニッシュが脅威です。たとえば「10位、10位、10位」で来ている選手よりよっぽど怖い……。



僕も勘違いしていました。



第2戦まで暫定2位だったブランドン・パラニュークが第3戦でコケて、

代わって暫定2位に浮上してきた選手と、深江さんとの差はちょっと広がりました。

けれど、深江さんの本当の相手はその新・暫定2位ではなく、

A選手のようなポイントの重ね方をしている選手です。

そのA選手というのが第3戦のテーブルロックを制したジェームズ・ワトソン。

この選手の現在の暫定ランキングは……12位。

はい。この↑ 暫定ランキング表は参考程度にしかならないことがわかると思います。



深江さんはシーズンイン前に今年のスケジュールを固めてしまっていたので

最終戦は不参加の予定。つまり、1位、8位、7位のポイントを持った状態で、最終戦と他選手の結果待ちという状況になります。

最終戦の舞台はグランドレイク。

ジェームズ・ワトソン選手が得意としている水系だとか……。

(ホリベ)

2013/9/25

<< 2013/9 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING