サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

活エサの自動販売機。

活エサの自動販売機。

Basser編集部=写真と文

バスプロショップの外に設置されていたこの自販機、売ってるのは活エサです。

live

アメリカでコレを見たとき、べつに驚きませんでした。



何年か前の「浮気なバサー特集」で

山木一人さんと伊豆をウロウロしたとき

とある釣具店でイソメ自販機を見たことがあったからです。

山木さんも僕もイソメ自販機はそのときが初体験。

500円硬貨を投入してボタンをポチっと押す、その前に

「イソメがうねってる取り出し口に手ぇ突っ込むの恐くない?」と、山木さん。

イソメに手を噛まれるところを想像してゾっとしつつ、ポチっとな。

ドサリ(取り出し口にイソメが落ちてきた音)。

恐る恐る手を入れてみると、薄いプラスチックケース入りのイソメがありました。

おかげで噛まれはしませんでしたが、イソメの活きが思いのほかによく

「自販機の中でイソメはどうなってるの?」

と、ふたりして???な感じになったのでした。

(ヤマガタ)

yamaki_001
小林知寛(コバ)さんとダーツ勝負に興じる山木さん。小林さんが投げるダーツは勢いよく一直線に飛び、山木さんが投げるのは山なりにヘロヘロ~っと飛び、どちらもなかなかの精度で的の中央付近を射ていました。結果は「ヘロヘロ」の勝ち。ところで今週末に河口湖でジャパンスーパーバスクラシックが開催されます。去年、山木さんが7尾リミットで12kg超えを果たした試合です。今年はどうなるんでしょうかねぇ。

2008/4/8

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…
つり人社の刊行物
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない
バスの本能を味方につけるパワーゲーム論 僕たちにはストロングしかない 本体1,800円+税 B5判並製112P
バスを知り、自分を知るとストロングにならざるをえなかった!? フィネスの向こう側へ行くためのキムケン流パワーゲーム入門 「普通の釣りで釣れる」っていうのは釣りがうまい人。 でも、他のアングラーよりもポンと突き抜けた釣果を出したい僕は、ルア…

おすすめ記事

最新号 2019年6月号

水辺へ行こう。一緒に釣りしよ

今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING