サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

活エサの自動販売機。

活エサの自動販売機。

Basser編集部=写真と文

バスプロショップの外に設置されていたこの自販機、売ってるのは活エサです。

live

アメリカでコレを見たとき、べつに驚きませんでした。



何年か前の「浮気なバサー特集」で

山木一人さんと伊豆をウロウロしたとき

とある釣具店でイソメ自販機を見たことがあったからです。

山木さんも僕もイソメ自販機はそのときが初体験。

500円硬貨を投入してボタンをポチっと押す、その前に

「イソメがうねってる取り出し口に手ぇ突っ込むの恐くない?」と、山木さん。

イソメに手を噛まれるところを想像してゾっとしつつ、ポチっとな。

ドサリ(取り出し口にイソメが落ちてきた音)。

恐る恐る手を入れてみると、薄いプラスチックケース入りのイソメがありました。

おかげで噛まれはしませんでしたが、イソメの活きが思いのほかによく

「自販機の中でイソメはどうなってるの?」

と、ふたりして???な感じになったのでした。

(ヤマガタ)

yamaki_001
小林知寛(コバ)さんとダーツ勝負に興じる山木さん。小林さんが投げるダーツは勢いよく一直線に飛び、山木さんが投げるのは山なりにヘロヘロ~っと飛び、どちらもなかなかの精度で的の中央付近を射ていました。結果は「ヘロヘロ」の勝ち。ところで今週末に河口湖でジャパンスーパーバスクラシックが開催されます。去年、山木さんが7尾リミットで12kg超えを果たした試合です。今年はどうなるんでしょうかねぇ。

2008/4/8

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING