サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

沖田護さんと石川正勝カメラマンと。

沖田護さんと石川正勝カメラマンと。

Basser編集部=写真と文
1月25日に高滝湖で初バスを釣り、

1月30日に横利根川でデコり、

昨日、2月25日に利根川へ行ってきました。

釣行が月末に集中しているのは、ここが編集作業の谷間だから。

このタイミングを逃すワケにはいきません。



今回は、ゴージャスなことに沖田護さんのバスボートで、

カメラマンの石川正勝さんもいっしょに出ました。

沖田さんといえば昨日のブログにもあるとおり、

取材中に黒部川で55cm(ウエイトは2500gくらい?)を釣った方。

役得です。

そして期待大です。



ということで、モチロン釣らせていただきました。
sgfd
最新号で沖田さんに紹介していただいた、ジャークベイトの弱ジャーク(トゥイッチよりは強い)で釣りました。たぶんオス。

ku
ヒットルアーはコレ。ジャッカルのスカッドミノー95です。ダートのキレ味鋭い超お気に入りで、ラージもスモールもシーも、ニゴイもキャットフィッシュもよく釣れます。ロッドはテクナグランプリTAV-GP64CMJ、リールはTD-Z105HL、ラインはスーパーFCスナイパー12Lb。

そして石川カメラマンも…
sdgs
初バスをキャッチ! 4inパワーホッグのテキサスリグで、お腹フカフカの40cm、プリスポーンのメスを釣りました。川バスらしく、とってもいい引きしてました。ボート際で真下へ突っ込んだりもして…、春ですねェ。バスが元気です(水温は6℃台でしたけれど)。

もう1尾。
fhg
痩せた25cmですけど、まだ2月。貴重な貴重なバスです。3inパワーホッグの5gテキサスリグでカバーを撃ったら、フッキングで飛んできました(バラしたと思いました)。フックはキロフック♯1/0、ロッドはIMX783C、リールはTD-Z105HL、ラインはPbライン・フロロカーボンの14Lb。



3尾とも、食ってきたのは水深50cm以浅でした。

スカッドシャッドで釣ったのは、水深1.5mの水面下0.5m(中層)。

痩せ小バスは、カバーの直下0.1m(中層)。

石川さんがプリスポーンを釣ったスポットなんて、水深0.3m程度(ボトム)しかありませんでした。

旬のバスはもう完全に浅いほうを意識してるんですね。



氷雨がパラつく天候でしたが、利根川に春を感じることができました。

沖田さん、ありがとうございました。

石川さん、本当にいい魚でした。
(ヤマガタ 2009年の釣行日数:3/釣果:3尾/最大魚:45cm/釣率:0.67)

2009/2/26

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING