サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

次号の羨ましい方々。

次号の羨ましい方々。

Basser編集部=写真と文
取材が終わりまして粛々と原稿を書いております。

さて、世間はお盆休み真っただ中で
バスフィッシングシーズン真っ盛り。

次号取材では僕が撮影した分だけでもこれだけいいバスが釣れております。



まずは「オカッパリで行こう!」
1
関和学さんをTOP50でも釣ったばかりの旭川へ強制連行したら
「シャワーブローズ」が炸裂! ちなみにトーナメントウォーター内での出来事。

2
そんでもってスペシャルゲストの小林知寛さんもガツン!
旭川を「庭」と言うのも納得のぶっとい1尾を
「8inヴェイン」のネコリグで釣ってくれました。



オカッパリ取材をもう1本。
川村光大郎さんは「ダイビングフロッグ」縛りで水郷巡り。
3
1日取材ですが「確実に45cmは超えてみせます」との宣言どおりにキャッチ。

その気になればカスミ水系で毎回このサイズを釣れるっていうんだから
トンデモナイ人です。

それだけ自信をもっている理論と技は発売してからのお楽しみ。



霞ヶ浦でのオカッパリ取材(?)をさらにもう1本。
4
ビミョーに取材中の釣果ではないのですが
U田さんがガルプ5inワッキークローラーのネコリグで釣りました。
「キャットフィッシュが釣りたい」と言いながら3尾のバスをゲットって……

お手本に、同じルアーで同じリグで、僕がキャットを3尾釣ったのですが!
「いいな~」とか言われたのですが!
……敗北感でいっぱいでした(涙)。



続きまして「免許仮伝」は
講師に赤羽修弥さんをお迎えしてのテキサスリグ道場です。
5

6
昨年のオールスタークラシックをノーミスで制した
赤羽先生のテキサスリグに迫ります。

実践篇は霞ヶ浦で船中14尾という好釣果でした!

7
ふた桁サイン?
ササキも余裕の表情で飯を食っております。



ではでは、あと2週間ちょっと発売になる
「Basser10月号」をよろしくお願いします。

(ヤマガタ)

2009/8/9

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめ記事

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING