サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

橋本タクヤの動揺。

橋本タクヤの動揺。

Basser編集部=写真と文
まずは、

タイトルで橋本卓哉さんの敬称を略しているのも、

名前がカタカナなのも気にしないでください。

さて、

今月号の巻頭記事取材で、ハシタクさんの釣りを初めて「まともに」見ました。

まともじゃなかったのは、

2005年のW.B.S.プロクラシックでハシタクさんのプレスアングラーをしたときです。

……………
…………
………
……


そのときのハシタクさんは高熱 + クスリ漬けのラリパッパ状態で、

おまけに霞ヶ浦は台風直撃寸前の激荒れ。

停まっているボートの船べりより上で波頭崩れる状況はチビリそうになるくらい恐怖。

で、ふたりして自動膨張式の腰巻きライジャケと、法定備品のオレンジ救命胴衣を併用。

「こんなことして効果があるのか」

「こうすることで余計に溺れるかも」

なんて考える余裕ナシ。「沈」したときに浮きたい一心でした。

「妻と子どがいるし、ホリベさんの命も預かってるわけだし、無理できないよ」

と、ハシタクさん。どうやら大波の向こうに未練(行きたいエリア)があるようす。

いろいろあって結論は「行く」ことになりました。

が!

とある橋に差し掛かって、見ると橋脚周りの湖面が鳴門の渦潮なみにグルグル状態!!

くぐろうとするとボートが加速しながら橋脚に吸い寄せられ、

激突しそうになってUターン、そして再チャレンジすること4回目。

どうにかクリアしたときには元から体調不良だったハシタクさん、限界……。

ろくに釣りをせず、さらに激しく荒れ狂うなかを新港に戻ったハシタクさんは、

スタート前より5歳くらい老けて見えました。


……
………
…………
……………

あれから2年と半年たちますが、

そのときのハシタクさんは、今のハシタクさんよりやっぱり老けていたと思います。

以上、グルグルの霞ヶ浦で未来のハシタクさんを見た、というお話です? (ヤマガタ)

taku_01
「あるスポットに、その有効性が最大限に発揮されるタイミングで入り、ベストなひとつのルアーを1投したら次のスポットへ移動」。この繰り返しがハシタクさんのラン&ガンでした。詳しくは誌面にて。

taku_02
ハシタクさんの初バスです。冬は主にイカ釣ってます。

taku_03
taku_04
ハシタクさんの持ち味は、ラン&ガンだけでなく、丁寧なストラクチャーフィッシングでもあると感じました(1投をとても大切にするんです)。高弾性・高感度なスティーズやバトラーリミテッドシリーズが好きだというのも納得です。

taku_05
当日のヒットルアー、HPFクランク・スペック2です。

2008/3/26

<< 2008/3 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING