サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

最上流の天才、加藤誠司さん。

最上流の天才、加藤誠司さん。

Basser編集部=写真と文
ご存知、加藤さん。

超釣れる作品たちは、こちら(http://www.jackallstyle.com)を。
3
間もなく開催されるJB TOP50高滝湖戦や夏の旧吉野川戦あたりで

ぶちかましてくれそうな予感がします。

なんたって今年のTOP50はウエイト制。

「見えちゃった」ときの加藤さんのスコアは暴力的なものがあります。

フィッシングショーで注目を集めた山木一人さんとの合作、「静乱(セイラ)ミノー」も、

今ごろきっと自分専用にチューンしまくってるはず。



ウエイト制らしい、ドカン! で快勝! みたいな

わかりやす~い試合が観たい僕としては、

加藤さんとコバ(小林知寛)さんに超期待していたりします。

おふたりともポイント制で損をしていたタイプなので、

やってくれるのではないでしょうか。



それと、ウエイト制で競われた2005年TOP50の覇者、藤木淳さんと、

最後までタイトルを争った関和学さんも要注意。

藤木さんにはイワナ、ヤマメ釣りを断腸の思いでガマンしていただいて、

関和さんにはシーバス釣りをガマンしていただいて、と(笑)。



今月号では上位ゼッケン選手に注目しましたが、

まだまだ気になる選手は多いのです。

…なんか、加藤さんが静乱ミノーのファストシンキングVer.とか

いろいろこさえてそうな気が…。(ヤマガタ)

2009/3/11

<< 2009/3 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING