サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

日曜日はひさびさのW.B.S.トーナメント!

日曜日はひさびさのW.B.S.トーナメント!

Basser編集部=写真と文
5月中旬に開催された第3戦以来、ひさびさにW.B.S.のレギュラーシリーズが開催されます。

次は第4戦。この試合が終われば、いよいよ年間タイトルの獲得候補者が絞られてきます。
第3戦までの総合成績は以下のとおり。W.B.S.は各試合も、年間成績も、シンプルに合計ウエイトで競われています。単位はそれぞれg(グラム)です。

1 赤羽 修弥 15000
2 西村 嘉高 13980 -1020
3 丹 竜治 13430 -1570
4 蛯原 英夫 13290 -1710
5 桂 裕貴 12070 -2930
6 小島 貴 10560 -4440
7 村川 勇介 10500 -4500
8 香取 潤一 10310 -4690
9 橋本 卓哉 10200 -4800
10 浦吉ひろし 9940 -5060

※ボーター登録選手全62名中、暫定年間上位10名の成績。表中、敬称略。


第3戦はワンデイ開催でバッグリミットは5尾。
最終戦はツーデイ開催で合計バッグリミットは10尾。
つまり選手たちが残りの試合でウエイインできるバスは最多で計15尾。
これを全部キロフィッシュで揃えれば15kgになります(難しいでしょうけれど)。

ここまでは赤羽さんの安定感が際立っていますが、西村さんとの差はたった1kg。
その後ろには昨年のA.O.Y.蛯原さん、オールスタークラシックウイナーの橋本さんと、
タイトルホルダーが続いています。

正直、2戦を残した現時点で年間タイトルに手が届くのは、
5位の桂さんまで、という気がしますが、まだわかりません。
どの選手にも15kgを上積みできる余地が残されているわけですから。

このブログでも触れたように、橋本さんはプラで好感触を得ていますし、
同じ日にプラに出ていた赤羽さんとも電話で話しましたが、こちらも明るい声でした。

現在の霞ヶ浦は水温が30℃に迫っており、全体的にコンデションはタフです(小バスは元気なので数は釣れますけど)。
この状況でどうウエイトを伸ばすか。
第4戦のトーナメントウォーターは、北浦、鰐川、外浪逆浦、常陸利根川、北利根川。
サマーパターン真っただ中で、どのエリアに選手が集中するか……、というような予想を立てて、現地で観戦するのも面白いかもしれません。
それと、この週末に霞ヶ浦水系へ釣りに行く予定がある方は、ぜひウエイインショーを観に行ってください。
釣りをする時間を削ってでも、上位入賞者の話を聞くべき!
今後、釣果を伸ばすための参考になること請け合いです。

日:7月27日(日)
会場:潮来マリーナ
選手集合時間:4:30(早ッ!)
ウエイイン開始時間:13:30(暑ッ!)

(ヤマガタ)

2008/7/24

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING