サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

日曜日のタックル

日曜日のタックル

Basser編集部=写真と文
「あのチューブ何?」とたった2名にですが聞かれたので、望まれていないことまで必要以上に答えてみたいと思います。

●テキサス
具:3.5inレジェンドチューブ
重:3/32oz(2.7g)
針:がまかつ310ストレート♯2/0/収縮チューブのキーパー付き
他:ビーズとシンカー止め
竿:784(6.5ftヘビー)
糸:東レフロロカーボン14Lb
巻:TD-Z105HL

●ジグヘッドワッキー
具:ネジリー
針:ワッキージグヘッド3/64oz
竿:スーパーオペレーター60L
糸:サンラインPE0.8号にリーダー東レ7Lb
巻:2506

●フロッグ
具:ポッパーフロッグ+ワンタッチラバーとブレード2枚
竿:76MHF
糸:サンラインPE4号
巻:TD-X103HL

●クランクベイト
具:FSRとHPFクランク・スペック2
竿:630V
糸:サンラインPE3号
巻:TD-X103H

 ちなみに、先日、亀山湖でレンタルボートに乗ったときのまんまのタックルです。横着ではなく、釣りの幅が狭いことが原因です。だからコレでいいんです。

 テキサスは、小さくて軽いワームに、1.8gや2.7gのシンカーを組み合わせることがよくあるのですが、カバーを釣る機会が多いので、瞬間的に何かに巻かれてもバスが残っているように(※修弥さんの受け売りです)ストレートフックの使用頻度が100%で、フックサイズもワームに対して目一杯の物を組み合わせることになります。そうなると、軟らかいロッドや伸びやすい細いラインではフッキングパワーが足りないという理由で、普通のカバー用「ベイト」タックルに、「フィネス」なのはルアーだけ、という「なんちゃってベイトフィネス」に。

 カバーでストレートフックを使っている限り、ロッドは軟らかくしようがないし、ラインも14Lb以下には落とせません。ロッドはともかく、リールはK.T.FとかNewピクシーを使ってみたいのですが……、みたいだけで買えはしません。ま、そういう「上」を知らない現状、15年物の「Z」に不満はありませんし、このタックルでも割と投げられてしまうもんですけど。

(ホリベ)

2010/5/26

<< 2010/5 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年9月号

ポッパー POPPIN' APPETIZERS

今号で18年ぶりのリニューアルとなる『Basser』。記念すべき一発目は今が旬のポッパー特集です。
加藤誠司さんが解説するカップ形状や浮き姿勢によるポッパーの性格の違いや、POP-Rの歴史に迫る座学的な記事はもちろん、カラーローテーションでバスを引き出す並木敏成さんの芦ノ湖実釣、琵琶湖でトップウォーター専門のガイドを営む明石光正さんのテクニック、“虫”をイメージしてポッパーを操る佐藤信治さんのメソッドなど、実践的内容も満載。今号を読めばきっとバスに水面を割らせることができるはずです。
また、新連載も多くスタートしました。当日まで行き先を伝えない実釣ドキュメント、田辺哲男さんの「The Mystery Tour」。大津清彰さんのマッチザベイト学概論など、最後のページまでバスフィッシングをより深く掘り下げていくような内容になっています。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING