サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

怪魚、釣りました。

怪魚、釣りました。

Basser編集部=写真と文
それは、たかだか70~80cmくらいなのにやたら引きが強い魚でした。

kaigyo

バス用のベイトリールをドラグギチギチにして使っていたのですが、まったく止まりません。

「このドラグ、壊れてんじゃねーの!?」と、思わずリールに悪態をついてしまうくらいスルスルとラインが出ていき、見ればスプールはカラになる寸前(キャパの少ないリールに20Lbを巻いてたせいもありますけど)。

これはヤバいと左手の親指でスプールを押さえ付けたのですが、それでも止まらん(握力は人並みに左右40~50kgはあるはずなのに)。

跳んだ魚体は70~80cm。

そのくらいのシーバスなら会社の近くの隅田川でも釣れますし、「お~、引く~、楽し~」とか言いながら余裕で寄せられます。同じサイズのコイやレンギョも問題にならないくらいスピードとパワーがあって……、

もう、いかんともし難い感じ。

結局、その魚をターンさせることに成功したのは、スプールがすっからかんになったときのガクン! という衝撃のおかげでした。バス用ベイトリールのドラグのなんと脆弱なことか。そして、己の握力は自分よりずっと小さい魚の突進も止められんのか……。

はぁ~、楽しかった。(ヤマガタ)

2008/4/23

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING