サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

後記の宣言どおり、ラスバスも釣ってます。

後記の宣言どおり、ラスバスも釣ってます。

Basser編集部=写真と文
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

Basser No.194の編集後記で宣言したとおり、
さっそく初バスを釣りましたが、
昨年末にラスバスもしっかり釣らせていただきました。

去る12月23日、ササキといっしょに風雨の黒部川へ。

3年前のクリスマスに第1回オカッパリオールスターで優勝した
川村光大郎さんの釣りを見ていたので、
「同じ時期なら同じ釣りがハマるだろう」とかなり安易に決めた釣行でした。

護岸に設置された波止の板(通称:すのこ)の隙間にジグを落とし込んで、
ただひたすらマイクロピッチシェ~イク!

で、僕もササキも簡単に釣れてしまいました。


9aaa3913.jpg


正直、釣れてビックリ。

川村さんに感謝感謝、と川村さんの家がある方角を拝んでいると……。
その本家マイクロピッチシェイカーが、
友だちの折金さんといっしょに釣りしてました(笑)。

前日に「僕らも黒部川へ行くかも」とは聞いていたのですが、
冬の冷たい雨のなかで顔を合わせ、
「お互いにようやるな~」という感じ。

合流して4人で黒部川をウロつき、
この日は折金さんが45cm、40cmを含む計4尾をゲット。

僕とササキは朝イチの30cm各1尾ずつで打ち止め。
川村さんは……、車の中で寝てました(苦笑)。

取材ではいつもビシッ! と釣る川村さんですが、
プライベートの釣行ではホントよく寝ます。

ちなみに川村さんのラスバスは12月31日で、
初バスは1月3日だそうですよ(ヤマガタ)。

2008/1/9

2008/1 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING