サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

引き続きオールスター。

引き続きオールスター。

Basser編集部=写真と文
1
オールスター前々日と前日、駐車場とブースのライン引き。ギャラリー様駐車用1,000台、ブース搬入車用150台、ブースコマ割60個の白線を引きます

2
果てしない……、5名で奥に見える鉄塔のところまでひたすら白線を引きました

3
始まりました

4
今年は初日の土曜日から大勢の来場者がありました。ありがたいことです

5
土曜日から正面スタンドがほぼ埋まりました

6
小野俊郎選手のオールスター2度目の優勝で幕!

7
ムービー、スチール合わせて100台くらいのカメラ。まさに砲列のごとし!

8
閉幕から2日後の火曜日。お祭り騒ぎが夢だったかのようにひっそりと静まり返った会場であと片付け。2日間で延べ7,000名もの来場者があったにもかかわらず、ゴミは皆無でした!

ゴミが皆無! コレって本当に凄いことです!
この規模の野外フェスでは奇跡的なことです!

来場者の皆様、出展してくれたメーカー様、
この3年の開催実績で、会場の水の郷さわらさんには
「バスフィッシングファンはマナーがいい」
という印象を強く持っていただくことができています。

11
23名のプレスが記録してくれたデータの読み込みと整理。23名の選手の2日間分ですから、もの凄い情報量です。関口さん、お疲れ様です。

10
鼎談。このメンバーからテーマがわかるでしょうか? 会社での鼎談だけで2時間を超え、場所を変えての第2ラウンドは翌朝まで続きました。まぁ、第2ラウンドではお酒も少々入りはしましたが、それでも話のネタはず~っとバス釣りとオールスターでした。

というワケで、オールスターはまだ続いています。
むしろ今からが本番か……

水曜日は琵琶湖畔へ、改めての勝利者インタビューに行ってきます。

(ホリベ)

2013/12/9

<< 2013/12 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING