サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

帰国しました。

帰国しました。

Basser編集部=写真と文

アメリカから帰ってきました!

いろんなことが盛りだくさんでございました……

1位(タイ)のサプライズは、

帰国時の成田空港で、預けた荷物がとうとう最後まで出てこなかったこと。

「未着ですね」と非常なひと言。

釣り具一式入っていたんですが……(大涙)

いろいろ調べたところ、ロストバゲージと呼ぶらしく、

国際線では「フツーに」起こることらしいです。
(100人に1~3名くらいの割合だとか)

とくに乗り継ぎがある場合は危険だとか。

皆様も要注意を……。

僕の場合帰国時でしたからまだよかったですが、

アメリカに着いて

「荷物は来てないみたいだナ。どんまい」とか悲しすぎです。

昨晩は相当落ち込みましたが、

先ほど「マレーシアにありました」と連絡がありホッとひと息。

旅の様子はブログやBasserでレポートします!

(ササキ)

2012/12/7

<< 2012/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめ記事

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING