サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

帰る前に。相羽選手篇。

帰る前に。相羽選手篇。

Basser編集部=写真と文
今大会では、昨年のJB TOP50年間チャンプ、相羽純一選手に3日間同船しました。

試合前夜も含めると4日間になります。


jb_009
好調だったプリプラから一転、直前プラでバスの動きを見失った相羽選手は、迷いに迷って試合で実行するパターンを決断しました。


詳細については次号発売まで伏せさせていただきますが(相羽選手が自身のブログで書いちゃいそうですけど)展開の軸に据えたのはシャローゲームで、使ったルアーは以下のとおり。

●4種類のウエイトを使い分けたテキサスリグ(ベイトはABホッグ、パワーバルキーホッグ、フラッピンホッグJr.など)

●ナックルペッパー、ブリッツMR、ビーツァなどのシャロークランク

●バックスライド系のノーシンカーリグ(ベイトはABホッグとファットイカ)


そしてもうひとつ、旧吉野川のポピュラーなベイトフィッシュ「エビ」に関するパターン用。

●ケムケム + シャッドシェイプ or ハンハントレーラー

などがメインでした(ほかにバイブレーション、ダウンショットリグも使用)。

これら多岐にわたる使用ルアーにも、相羽選手の迷いが反映されていました。



トーナメントで相羽選手が苦しんでいるのを見るのは、2006年の第2戦以来、約1年と半年ぶり。

とても強い選手だけに、レアな体験であり、取材だったと思います。

苦悩と凹みっぷりをそのまま記事にする予定です。

2008/4/1

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING