サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

帰ってきました。

帰ってきました。

Basser編集部=写真と文

お土産、ねぇ……。

旅行や遊びじゃないんですから、まったく。



往きの乗り換え空港のアトランタでタバコ吸ってる間に

搭乗口が変更になってたり、



試合会場からウエイインショー会場への交通手段がなくて

選手をヒッチハイクしたり、



ウエイインショー会場からホテルへのシャトルバスに乗ったら

目的地手前の停留所で乗客が僕ひとりになり、

運転手に「まだ何往復もしなきゃいけないから、オマエもここで降りろ」

と言われ、夜のダウンタウンにほっぽり出されて迷子になったり、



ルイジアナが先週の頭から現地人もびっくりの暑さになっていて、

7万円も掛けた防寒対策がほとんどムダになったり、



寒くはなかったものの、クラインはやっぱり往復4時間も走ったり、



濃厚な霧の中(自艇のバウが霞む)を時速100km弱で突っ走っていて

いきなり目の前に巨大な壁(バージ船の横っ腹)が現われたり、

クラインが「今のはヤバかったナ、ワハハ」とか言ってるそばから

目の前に今度はバージ船の船首が現われたり、

そんでもクライン(噂どおりの走り屋)はスピードを落とさなかったり、

霧が晴れたら晴れたで、

前を走ってた選手のコース取りにクライン(噂以上の走り屋)がキレたり、



スクロギンスは

「前々日のプラではこのキャナルで15回もバイトがあったんだヨ……」

と、試合中に10回以上も僕に言ってきたり、

てことは本番でそのキャナルがどうだったかは言うまでもなかったり、



優勝したバンダムは……、いや、これは健太郎さんの領分か。

モリゾーさんも……、これも健太郎さんが書くだろうな。



とにかくまぁ、僕ひとりの取材ネタだけでも20ページは書けそうなくらい

濃い取材でした。





あ、生バンダム(しらふの状態)は極めてお調子者でした。

あそこまで調子に乗りやすい性格は、強さの一因だと思います。きっと。

優勝した晩のバンダムは、未明から釣りしてショーに出たあとなのに、

祝勝会で午前様になってました
(AM2:00に飲み屋街からホテルに戻って来たところを目撃)。

酔ったら相当ハイでウザいオッサンだと思います。



というか、エリートの選手は、

テレビカメラが回ってないところでは大半がそんな感じでした。

アイコネリやスキートなど超生真面目な選手もいますが

彼らも基本、陽気です。

ある選手は、「オレらは陸に上がったら戦わないんだヨ」と言ってました。



……書いたらキリがないな……


(ホリベ)

2011/2/24

<< 2011/2 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING