サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

帰ってきました。

帰ってきました。

Basser編集部=写真と文

お土産、ねぇ……。

旅行や遊びじゃないんですから、まったく。



往きの乗り換え空港のアトランタでタバコ吸ってる間に

搭乗口が変更になってたり、



試合会場からウエイインショー会場への交通手段がなくて

選手をヒッチハイクしたり、



ウエイインショー会場からホテルへのシャトルバスに乗ったら

目的地手前の停留所で乗客が僕ひとりになり、

運転手に「まだ何往復もしなきゃいけないから、オマエもここで降りろ」

と言われ、夜のダウンタウンにほっぽり出されて迷子になったり、



ルイジアナが先週の頭から現地人もびっくりの暑さになっていて、

7万円も掛けた防寒対策がほとんどムダになったり、



寒くはなかったものの、クラインはやっぱり往復4時間も走ったり、



濃厚な霧の中(自艇のバウが霞む)を時速100km弱で突っ走っていて

いきなり目の前に巨大な壁(バージ船の横っ腹)が現われたり、

クラインが「今のはヤバかったナ、ワハハ」とか言ってるそばから

目の前に今度はバージ船の船首が現われたり、

そんでもクライン(噂どおりの走り屋)はスピードを落とさなかったり、

霧が晴れたら晴れたで、

前を走ってた選手のコース取りにクライン(噂以上の走り屋)がキレたり、



スクロギンスは

「前々日のプラではこのキャナルで15回もバイトがあったんだヨ……」

と、試合中に10回以上も僕に言ってきたり、

てことは本番でそのキャナルがどうだったかは言うまでもなかったり、



優勝したバンダムは……、いや、これは健太郎さんの領分か。

モリゾーさんも……、これも健太郎さんが書くだろうな。



とにかくまぁ、僕ひとりの取材ネタだけでも20ページは書けそうなくらい

濃い取材でした。





あ、生バンダム(しらふの状態)は極めてお調子者でした。

あそこまで調子に乗りやすい性格は、強さの一因だと思います。きっと。

優勝した晩のバンダムは、未明から釣りしてショーに出たあとなのに、

祝勝会で午前様になってました
(AM2:00に飲み屋街からホテルに戻って来たところを目撃)。

酔ったら相当ハイでウザいオッサンだと思います。



というか、エリートの選手は、

テレビカメラが回ってないところでは大半がそんな感じでした。

アイコネリやスキートなど超生真面目な選手もいますが

彼らも基本、陽気です。

ある選手は、「オレらは陸に上がったら戦わないんだヨ」と言ってました。



……書いたらキリがないな……


(ホリベ)

2011/2/24

<< 2011/2 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING