サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

帝京のキャッチャーとボルト

帝京のキャッチャーとボルト

Basser編集部=写真と文
昨日はお休みで午前中は高校野球、

今日の明け方は世界陸上をテレビ観戦。



「負けたらお終い」の高校野球はどの試合も面白い。

昨日、観たなかでは帝京高校のキャッチャーのリードが印象に残った。

相方のピッチャーは右打者に対して明らかに投げづらそうにしていて

とくに変化球でストライクが取れない(左打者には好投していた)。

そのことにキャッチャーも気づいていたはずなのだが

それでもストライクが入らない変化球を要求しまくる(左打者に対してもストレートならストライクが入るのに。しかも、振りかぶれば140km/h台後半がポンポン出る)。

そのキャッチャーにはいろいろな意図があったのだろうが

変化球を投げさせられ続けたピッチャーは

そのうち左打者に対してもストライクが入るようになり

そうなると相手打者は高めのボール球に手を出してくるくる三振するようになり

9回2/3を好投した。

今年の帝京は好投手が揃っているらしいが

昨日の試合を観た限りではあのキャッチャーがいてこそのような気がする。

まぁ、目先の1勝にこだわりつつも優勝をきっちり視野に入れている強豪校だからこそ

テンパったキャッチャーが「とにかくストライクがとれる球」を要求して

ピッチャーがつるべ打ちにされる、みたいなお約束とは無縁なのかもしれないが。



「9秒58」

ボルト、スゲェ。

明け方にリアルタイムで観た甲斐があった。

目が覚めた。

おかげで今は超眠い。



自己記録を一気にコンマ11(0.11)秒も短縮して9秒58。

また今回も横をチラチラ見ながら走ってこのタイム。

あるレポーターが

「最後まで本気で走って、どれくらいの記録がでるのかチャレンジしてほしい」

というようなことを言っていたが

ボルト本人は「勝つ」ことにしか興味がないらしい。

そういう意味では、今回の記録は2位になったタイソン・ゲイが作ったとも言える。

彼の記録9秒71は、アメリカのナショナルレコードだ。



が、ボルトとの差、コンマ13秒は、テレビ画面上でさえ大差に見えた。

グラウンドレベルではもっと、走っている当人同士ならさらに

その差は埋まりようがないものに見えていたはず。

だから今回もボルトには「チラ見」する余裕があった。

タイソン・ゲイでは役不足。

もしボルトがもうひとりいたら9秒4台とか出るのだろうか。

(ヤマガタ)
月刊つり人×楽天コラボ企画はコチラ

2009/8/17

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING