サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

大食いな面々

大食いな面々

Basser編集部=写真と文
昨日の夜のブログでササキが書いていますが、

編集部には大食いが多い。

だから、食に関しては仕事以上に厳しい。

そして、基本的にデスクワークが多く、

ほとんど動かないにもかかわらずモリモリ食うもんだから、

みんなブクブク太る。

これが俗に言う「つり人病」

僕ももれなくこの病にかかり、

入社時点から10kg以上肥えた。



だって、これだもの・・・・・・







天野さん

アマノ編集長、神保町の大食いがこよなく愛する「徳萬殿」にて



山根さん徳

ヤマネ編集長、神保町の大食いがこよなく愛する「徳萬殿」にて





そして、このヤマネ編集長、とにかくペヤングが大好き。


ペヤング

特にこの超大盛!!!




だから、昨日のササキの失態には鬼の形相で超激怒していた。

仕事でミスしたとき以上に・・・・


「お前! お湯の切り方がなってねぇぞ!」

「青海苔系のカヤクは最後にパラパラっと優しくかけろ!」

「ソースと青海苔系を一緒に混ぜちゃうと、容器の底にくっついて
全部キレイに食べられねぇんだよ! バカか、この野郎!」



・・・・と、ここで横でこの説教を見ていたアマノ編集長がひと言。




「そんだけこだわりがあるんなら、自分でやれってハナシだよ(苦笑)」




うんうん、たしかにそうだ。

たしかに僕もこだわりがある。

ペヤングの麺は硬めが好きなので、

早めにお湯を捨てる。

逆にユルユルの麺が好きな人もいるだろう。

その嗜好を誰もが同じだと思うのは間違ってる。


その後、我を取り戻したヤマネ編集長は


「ごめんごめん、ちょっとアツくなりすぎた。なにせ入稿がピークで
イライラしてたからさ・・・・」


こんな真っ直ぐなヤマネ編集長。好きですよ(笑)




と、思っていたら、数年前にヤマネ編集長が

ペヤングを食べている写真が出てきた。

以前、ブログで載せた写真です、それがコチラ。








山根さんペヤング1


あっ! たしかにソースと麺を絡ませたあとに

青海苔カヤクを優しくふりかけてる!(笑)





完食


しかも、完食した容器にはカヤクがほとんど残っていない!




すげーーーーっ(笑)



それにしてもシアワセそうな顔ですな・・・・・・・・





で、この写真を見つけたあと、こんな写真も出てきた。。。。



ササキ反省

たしか一昨年、大学を留年して社長に叱られているササキの写真だ。


で、昨年も見事に留年(笑)


今年こそはちゃんと卒業しろよ、ササキ!


(コバケン)

2009/7/11

<< 2009/7 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING