サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

去年の土浦新港(オールスターの2日間)

去年の土浦新港(オールスターの2日間)

Basser編集部=写真と文
大会前日の朝、土浦新港に器材の搬入開始
2


新港での照明や仮設トイレの設置、ブース用テントの組み立てと同時に
駐車場の線引きなども進めます
3

雨がパラパラ降ってきた…
と思ったら本降りに(涙)

地面が濡れているのは、もはや「お約束」の土砂降りのせいです
おかげで流入河川のパターンは崩壊
4


雨のなか設営が進む会場の片すみには
プラクティスから戻ってきた選手の姿もちらほら
16



一夜明けて大会初日の早朝


日の出までまだ2時間近くあるのに新港はお客さんでいっぱいに
5
11


選手の皆さん、ビリビリしてらっしゃいます
13
12


さっきまでビリビリしてた選手たちですが
ミーティングはわりと和やかな雰囲気
クジでフライト順を決めます
14



さあスタートです
選手の皆さん、頑張って
a
プレスアングラーの皆さん、頑張って
b
「オールスターのプレス」はマジで辛いのです
過去には
取材でバスボートに乗り慣れているはずの編集部員が嘔吐したり
一般公募のプレス(バスボートオーナー)が恐怖のあまり選手に停船を求めたりといったこともありました
普通に握力があって空気椅子が10分もできれば問題ないとは思いますけど
それでも「走りがやんちゃな選手」に当たるとたいへん
「シートベルトなしのジェットコースター」を想像してみてください


選手がスタートしたのち10分間ばかり落ち着きを取り戻す会場
6


すぐに協賛各社様がブースを展開し始めます
第2次器材搬入ラッシュタイムの到来
7


中略


最終日のウエイインスタート
18
20


優勝は赤羽修弥選手!
19


表彰式終了


駐車場の閉門時間まで1時間ほどのファンサービスタイム
1


プレスアングラー解散
お疲れ様でした。ありがとうございました
8


ファンサービスタイム終了。器材撤収開始
選手たち(疲労困ぱい)も散会
お疲れ様でした。ありがとうございました
9


空になった新港でスタッフ集合
お疲れ様でした。ありがとうございました
来年も頑張りましょう
10
と言って解散してから早くも1年が経とうとしています

早ぇ~

会場へ足を運んでくださるギャラリーの方々も含め
皆様、今年もよろしくお願いします

(ヤマガタ)

2009/9/25

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING