サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

初バスルアー。

初バスルアー。

Basser編集部=写真と文
 僕(ササキ)は、

小学4年生のときにバス釣りを始めたのですが、

初めてルアーでバスを手にしたのは小学6年生のときでした。

つまり、丸2年、ずーっとノーフィッシュだったんです。

16時ごろ学校が終わってから、

毎日近くの野池に行っていたのに……。

そのころはアタリがあっただけで、

立っていられなくなるくらいドキドキしてたなぁ。

バスは「幻の魚」で、釣るのは「神技」だと、

本気でそう思っていました。

よくやめずに続けたもんだと、我ながら感心します。


そんな僕の初バスルアーは、

ゲーリーヤマモトの「4inグラブ」。

ある雑誌で、

河辺裕和さんが「グラビンバズ」という、

グラブを水面引きするテクニックを紹介していて、

それを試すと、バシュ! っとバスが出て、

15cmくらいのバスがひょっこり釣れたんです。

ファイト中は頭真っ白で、

足がガクガクしたのを覚えています。

そんなわけで、初バスから1年くらいは、

「4inグラブ」しか使ってませんでした。

ノーシンカーとスプリットショットリグ、よく釣れたなぁー。

最近ご無沙汰なので、

ひさびさに使おうと思っています。

(ササキ)



2008/8/4

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING