サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

冬の沖縄

冬の沖縄

Basser編集部=写真と文
とうとつですが、

冬の沖縄、いいっすよ~!

というのも、11月末に仕事で行ってきたんですが、

2

こんなのや

3

あんなのや

DSC_6746

こげなのが

港やサーフで岩礁帯を見つけて、

ミノーやワームを投げて引けば

ハイペースでアタリが出て、「何かしら」釣れる感じ。

自分は冬のバスフィッシングの修行感大好きですが、

このアタリ感も素敵すぎるわけで……。

いやー、バイトは人を幸せにするとは、

その通りです。

沖縄本島でも、周辺の離島でも、

どこでも釣りは楽しめます。

金曜夜発→日曜夜帰り、なんて強行軍でも

釣りをする時間は十分取れるはず。

宿付きのツアーとかを利用すると安く行くのも可能ですよー。

と、まぁ、原稿の合間に現実逃避でございました。

(ササキ)

2012/12/16

<< 2012/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING