サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

内藤大助選手vs亀田興毅選手

内藤大助選手vs亀田興毅選手

Basser編集部=写真と文
いろんな意味で注目の一戦でしたが
これまでの経緯とかリング外のことには興味ナシ。

テレビ観戦して一番印象に残ったのが
亀田選手の度胸のよさです。

ブロッキング、パーリング、ヘッドスリップ、スウェー等々のディフェンスと
カウンターの巧さが目立っていましたが
それもそのはず、亀田選手はとにかく相手と相手の拳から目を逸らさない。

これって格闘技全般の基本中の基本なのですが
パンチをもらう瞬間や、もらいながらも拳から目を逸らさないというのは
動物だったら普通はできないことです。
バスにもリアクションがあるように
顔面目掛けて物が飛んできとき、目をつぶったり、手で払い除けたりするのは
人間の本能。
そこを訓練で矯正できてしまうのがプロの凄いところだと思いました。

それと、ハードパンチャーでありインファイターである内藤選手を相手に
距離をとるのも、手数を出さないのも、度胸がいること。
内藤選手はそういう相手を得意としているわけですから
一歩間違えば好き放題にボコられてお終い。

だから打たれているときほど後退せず
かといってクリンチに逃げるわけでもなかった亀田選手の戦いぶりを観て
度胸がいいな~と感じました。

(ヤマガタ)

2009/12/1

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING