サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

偏光グラスとメラニンと日焼け

偏光グラスとメラニンと日焼け

Basser編集部=写真と文


日焼けの原因となるメラニン色素は

目から入ってくる紫外線量に比例して

肌を守るために生成されるらしいのです。


ということは

ただのサングラスよりも圧倒的に紫外線をカットしてくれる偏光グラスを掛けると

紫外線を浴びている割にメラニンが作られにくく、日焼けしにくいと言えます。




日焼けしにくいだけで、肌は紫外線をたっぷり浴びているわけで

なのにメラニンが生成される量が少ないということは

日焼けによって肌や皮下組織が守られないということになります。


「サングラス(偏光ではない)と日焼け止めナシ」が

どれだけ身体に負担になるかという実例もテレビでやってました。

……かなり恐かったです。


なので、皆さん。

「偏光グラスと日焼け止め」は併用しましょう。


それと、もちろん熱中症にも注意。

「腹痛」はぶっ倒れる直前(最悪、死)のサインです。

温くなってもさらっと飲めるお茶や水だけでなく

釣り場ではスポーツドリンク(含、塩分)も飲みましょう。


ホリベ

2010/7/23

<< 2010/7 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING