サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

修弥さんのお人柄

修弥さんのお人柄

Basser編集部=写真と文

オールスターに出場していただいた選手のブログ等を拝見していると、

3連覇を達成した赤羽修弥さんへの祝辞をよく目にします。



修弥さんより年輩の選手は「修弥」「修弥君」「修ちゃん」etc.…

後輩にあたる選手はおもに「修弥さん」と書いていて

皆さんが「本当におめでとう(ございます)」と結んでいます。



修弥さんのトーナメントアングラーとしての活動はほぼ霞ヶ浦に限られていますが、

それでも東西を問わず、多くの先輩アングラーから目を掛けられ、

後輩アングラーからは慕われ、尊敬されていることがよくわかります。



かく言う僕も、修弥さんとは仕事で接点がもてたのですが、

そのことを本当にありがたいことだと思っています。

誰からも祝福される3連覇、本当におめでとうございます。



修弥さんの紳士で真摯な人柄とバスフィッシングとの向き合い方は

少なからず3連覇の要因なのだと思いますけれど、

だからこそ一切の妥協がないだけに、

道具立てから試合の組み立てまで、こだわりは変態的(ゴメンなさい)です。

釣り方やタックルセレクト等で疑問があれば、

W.B.S.の会場やフィッシングショーなどで質問してみてください。

超親身になって答えてくれるはずです。

(ホリベ)

2010/11/26

<< 2010/11 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING