サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

修弥さんのお人柄

修弥さんのお人柄

Basser編集部=写真と文

オールスターに出場していただいた選手のブログ等を拝見していると、

3連覇を達成した赤羽修弥さんへの祝辞をよく目にします。



修弥さんより年輩の選手は「修弥」「修弥君」「修ちゃん」etc.…

後輩にあたる選手はおもに「修弥さん」と書いていて

皆さんが「本当におめでとう(ございます)」と結んでいます。



修弥さんのトーナメントアングラーとしての活動はほぼ霞ヶ浦に限られていますが、

それでも東西を問わず、多くの先輩アングラーから目を掛けられ、

後輩アングラーからは慕われ、尊敬されていることがよくわかります。



かく言う僕も、修弥さんとは仕事で接点がもてたのですが、

そのことを本当にありがたいことだと思っています。

誰からも祝福される3連覇、本当におめでとうございます。



修弥さんの紳士で真摯な人柄とバスフィッシングとの向き合い方は

少なからず3連覇の要因なのだと思いますけれど、

だからこそ一切の妥協がないだけに、

道具立てから試合の組み立てまで、こだわりは変態的(ゴメンなさい)です。

釣り方やタックルセレクト等で疑問があれば、

W.B.S.の会場やフィッシングショーなどで質問してみてください。

超親身になって答えてくれるはずです。

(ホリベ)

2010/11/26

<< 2010/11 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING