サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

何人目かの「ケン」

何人目かの「ケン」

Basser編集部=写真と文
昨年から編集部でアルバイトをしている新井健(あらい・けん)。

01
編集部対決(3月31日に笹川湖へ行ってきました)の終盤に
のび&あくびをかます大ものです。



ところで、新井建は何人目の「ケン」なんだろう?

コバケンさん(本名は小林直樹ですが)

ツルケンさん(津留崎健カメラマン)

アマケンさん(雨貝健太郎さん)

ツカケンさん(塚本謙太郎さん)

イヨケンさん(伊豫部健さん)

キムケンさん(木村建太さん)

福島健さん(フクケンさんとは呼ばれていないがケンのひとりには違いない)

関根健太さん(同じくセキケンさんとは呼ばれていないが)



……という感じでケンさん、非常に多いです。

新井健をアラケンと呼ぶのは、アマケンさんと聞き間違えるのでナシです。

2


(ホリベ)

2014/4/3

<< 2014/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING