サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

会社から。

会社から。

Basser編集部=写真と文
ジャッカル社員、けれどボーダレス・ナルオさん(右)。

昨年のJB TOP50遠賀川戦の会場で、なぜか山形限定(だったはず)のどんべぇ(だったはず)を

「ブログのネタに」

と、いただいたのですが、それから数日後、会社に泊まった夜に腹が減りすぎて、

写真を撮るのも忘れて、ズゾゾ~っといってしまい、

忘れててくれたら…、と期待するもこのフィッシングショーまでバッチリ覚えていらっしゃいました。ひィ~。

それにしてもこの方、いろんなメーカーさんの食事会やら打ち上げやらの写真に

これでもか! と写っております。なんでも今年の目標は「ボーダレス」とのこと(もう達成してるような気がしますが)。

とにかく今後ともお手柔らかにお願いします(笑)。

574
「現在は」琵琶湖ガイドのキムケンさん(左)。

FLWコ・アングラー部門で活躍し、ボーター権利を取得したスゴ腕。

再渡米のタイミングを虎視眈々とねらいつつ、フィッシングショーにいらっしゃってました。



ライターのオオバさん(中)。

ふたりに挟まれ、隠れるようなポジション…。

思わずそこにピンを合わせてしまいました(笑)。

自ら参戦していた米国ツアー通、米国事情通。



石を100個投げたら7、8個は関係者に命中して怒られそうなフィッシングショー。

今日、投げたら編集長やササキに当たったかもしれませんが、僕には無理です。

会社で原稿書いてましたから。(ヤマガタ)

2009/2/15

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING