サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

人生最良の日

人生最良の日

Basser編集部=写真と文

8月28日、大安。

目白の椿山荘にて

我が編集部のエース……違うな……

我が編集部のホープ……というにはトウが立ってるし……

我が編集部のムードメーカー……かな?

ま、そんな感じのササキが

笑顔が素敵なみどりさんと

めでたく結婚式を挙げました!!
313206_158370130912814_100002194857131_311721_96343_a


293571_158371090912718_100002194857131_311743_1887270_a



進行役の司会者にイジられまくって笑いを取るという

画期的なスタイルの式ではありましたが

笑いだけではなく涙あり、感動ありの

とっても素晴らしい式でした。

ササキ、みどりさん、おめでとう!

末永くお幸せに。

さて、式には弊社社長と編集本部長のほか

当然のごとくBasser編集部員も勢揃い。

いつもピーピー&カツカツの編集部員も

それなりにご祝儀を弾んだつもりです。

が、それはあくまで祝いの席まで。

式の翌々日には

もはや本誌の恒例企画と化した

編集部対決「船上の星取り合戦」が行なわれたのです。

エリアは千葉県印旛沼。

DSC_4490


ここに決めたのは当然、

前回の相模湖戦で

モッテナイナーズ(=最下位)に返り咲いたササキ。

脳内勝率は例によって85%以上。

しかも圧倒的大差での勝利を得るために

リミットをいつもの3尾から5尾とする強気モード。

なんでも印旛沼はササキにとって1番のホームグラウンドらしく

「1日空けてまたご祝儀をいただくなんて悪いですね(笑)」

と早くも勝利宣言。

でも、ササキを除く編集部員の願いはただひとつ。

財布の紐を握る新妻のみどりさんには申し訳ありませんが

ご祝儀を少しでも取り返すべく勝利し

ササキから特上うなぎをゲットすること!

もちろん編集部員だけでなく

この企画では初参加の金ちゃん、スイトー君という

強力ライター陣も飢えた狼のような目で参戦。

DSC_4462


DSC_4480


8月28日に最高潮に達したササキの運気は

早くも30日には大潮ド干潮の有明海のように

一気に引いたのか。

それとも脳内勝率が現実と化し

ダブルのご祝儀でウハウハとなったのか。

結果は次号をご覧ください。

(アマノ)

2011/9/1

<< 2011/9 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING