サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

予選2日目篇。

予選2日目篇。

Basser編集部=写真と文
打ち合わせが早めに終わりましたし、

編集長も飛んでったみたいですので、予選2日目についても書いてみたいと思います。



この日は、というか、予選2日間を終えて最大のトピックは、

暫定1位が河辺裕和選手で、2位が江口俊介選手だったことです。

かたやゲーリーファミリーのドン、河辺選手と、

ファミリーの勝ち頭である江口選手ですが、

こと旧吉野川戦に関しては因縁のふたりなのです。



3年前にこの川で開催されたTOP 50で、

予選を1位通過したのは江口選手で、2位が河辺選手。

そして結果は、河辺選手の逆転優勝!

このとき同船取材していたのですが、試合中の河辺選手は恐いのなんのって。

決勝の前日に真顔で言われましたよ。

「船が重くなるから明日までに●●●と●●●を●●●して軽量化してこい」って(涙)。

そんなことしても数gしか違わないんじゃ? とは口が後頭部まで裂けても言えませんでした。



え~と、何が言いたいかというと、そういう因縁のふたりが再びワンツーで決勝を迎えたのです。

3年前と違うのは順位が逆であることと、

当時は1勝が遠かった江口選手がTOP 50の最多勝男になっているということです。

TOP 50で2勝の選手はおらず、

この試合前までは3勝で相羽純一選手と江口選手が並んでいました。



江口選手は一昨年に2勝をあげ、昨年も最終戦で勝利。

3年前とは違い、明らかに勝ち慣れていて気負っているようすはナシ。

河辺選手は勝ちに絡んだときに見せる表情(目が笑ってない笑顔)で、

これは集中力マックス状態の証拠。



ちなみに、選手には

「釣れてないときに恐い人」と、

「釣れてるときのほうが恐い人」がいますが、

強い人はたいてい後者のタイプで、河辺選手はその典型です。

河辺選手が大一番で強い理由は、高い集中力を持続できること。

そして、舞台が大きいほど自分のパフォーマンスで会場を盛り上げようとする

生粋のエンターテイナーとしての執念だと思います。
jb_01
jb_08
3年前と同様に、旧吉野川戦はギャラリーが多い! だから河辺選手はこの川で強い! 2尾の1900gフィッシュを含む3尾で5kgオーバーのスコアをマーク。プリメスねらいのパターンを確立していました。メインルアーはスリムヤマセンコーとプロセンコーのジグヘッドワッキー、そしてプロトタイプソフトベイトのネコリグ(写真下)。



一方の江口選手は珍しいタイプで、かつては優勝がかかると力みまくっていたのですが、

今では、「ただ釣ってくるだけで、結果は気にならない」という達観ぶり。

江口選手が凄いのは、本心からこう言っていること。

期待と不安満載で口元を引きつらせながらの「オリンピックの雰囲気を楽しんできます」的発言

とはまったく別ものです。

もう結果はご存知でしょうが、

当日の会場は「今回はどっちが勝つの!?」という興味でけっこう盛り上がっていました。
jb_02
いろんなエリアで江口選手を見かけました。予選2日目に旧吉野川の下流で遭遇したときは、スピナーベイトで釣ってました。メインルアーはエグジグ + カットテール。



jb_03
上位にスポットを当てているので釣れているように感じるかもしれませんが、全体的にはかなりタフな試合でした。が、そんななかで青木大介選手が凄かった。競技スタートから2時間弱でリミットを揃えて入れ替えを繰り返し、6kg台後半をウエイイン!

jb_04
川口直人選手も好調。「TBCでの経験が活きてるよ」とのこと。他団体のトーナメントで利根川を釣り込んでいるので、タイダルリバーのエリア選択に迷いがないそうです。

jb_05
今期と同じく旧吉野川で開幕した2005シリーズのチャンプ、藤木淳選手も上位で決勝進出を決めました。どうやらスピナーベイトで釣っていたようす。

2008/4/1

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING