サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

並木敏成さんDVD『Chase!』が発売になりました!

並木敏成さんDVD『Chase!』が発売になりました!

Basser編集部=写真と文

おはようございます。

さっそくですがこのDVD、
今どきのドキュメントものとしては少数派かも……。


この並木敏成さん主演、Basser季節連載「Chase!」連動のDVDですが、
ロケを行なった釣り場は2ヵ所のみ。霞ヶ浦と亀山湖だけです。
日数は、それぞれ実釣2日間、下見1日の計6日間。
これも「収録時間としては」短い。


ただし、現場の並木さんは、40時間以上、湖上に浮いていて
30時間はロッドを振っていますし、その他の時間も頭をフル回転させているわけです。


月並みですが、ヒットシーンという「答え」よりも
自分だったら「なんでそんなに釣れるの!?」が知りたい。


でも、DVDにすると、実はその「知りたい部分」ほどカットされるという矛盾。
ヒットシーンを集めたくなるのは、
撮影・編集している人間はすべてを見ているからで、
「答え」を知っているから、過程をすっ飛ばすことに躊躇いがないとか……


もしそうなら、大問題です(もちろん自分も含めて)。


ということで、あまり時間を圧縮せず、大事なところを薄めてもいない
『Chase! FULL THROTTLE GAMES01』です。
01
霞ヶ浦でも、亀山湖でも、ハッキリ言って、並木さんめちゃめちゃ……!!ってます!!

●霞ヶ浦編
どちらかと言えば霞ヶ浦をよく知っているアングラーほど驚く内容だと思います。

●亀山湖編、
誰が観てもビックリすると思います。

やることなすことすべて……、いや、書いちゃいたいのですが、ここは我慢です。



ひとつだけ……、この「Chase!」、ロケ地は並木さんにほとんど相談もナシに
僕とカメラマン兼編集担当とで決めていました。
今後もそうなるかはさて置き、そうだったんです。

●霞ヶ浦/6月初旬
「基本的には釣れる時期だけど、いろんな状態の魚がいて難しそう。
フィールドも広いし、エリアが違えば別水系みたいな釣り場だし、
最近は沖やディープも釣れてる。
迷う要素が多くて、絞り込みの過程が面白そう」

●亀山湖/9月初旬
「以前、並木さんが『“夏の亀山湖”って釣りしたことないんだよね。
エアポケットみたいにスポンと抜けてる組み合わせだよ』って言ってた」

という理由で、ふたつのロケ地と時期を決めました。

「バンバン釣ってほしい! けど、『苦心の末に』であってほしい!」
という心境でした。
要は、最初からいきなりバンバン釣られるイージーな展開はイヤだ、と。

相手は、バスマスタークラシックに日本人として初めてクオリファイした
偉大なトーナメントアングラーToshi Namikiですから、
こちらが意図したほどには苦心してもらうことはできませんでした。

が、「過程」の凄さはガッチリ魅せてもらうことができました!!

ちなみに、並木さんは一昨日からネットを見ていないはず(アメリカでロケ中)なので、
ちょっとぶっちゃけて書いてみました。

並木さんが帰国する前にこのブログは抹消しようと思います。
どっかにコピペとかしないでください m(__)m

(ホリベ)

2013/2/25

<< 2013/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING