サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ワイルドサイド(レジットデザイン)、いよいよ……!!

ワイルドサイド(レジットデザイン)、いよいよ……!!

Basser編集部=写真と文
新進気鋭のロッドメーカー、レジットデザインが手掛ける
オリジナルロッドシリーズ「ワイルドサイド」が
名古屋のザ・キープキャストでいよいよ一般公開されます
08


メーカーとして「新進」と書きましたが
同メーカーでデザインを手掛ける2名は、いずれも経験豊富なベテランで
ロッドという釣具とロッド作りに対しての
深い造詣と愛に溢れている方です
02

詳細はホームページをご覧ください


キャスティングモデル
01
WSC64L “Bait Finesse”
WSC67L+ “Bait Finesse”
WSC66ML
WSC66M
WSC610L “Bait Finesse”
WSC610M
WSC610MH
WSC72MH
WSC72H
WSC72H+

以下、室内で触らせてもらっただけのインプレですが……

キャスティングモデルで一番に感じたのは「しっかり感」でした
「身の詰まっている感」があるといいますか……

実際にはチューブラー(中空構造)なのですが
主・副(補強)材の相乗効果とテーパーデザインの妙なのだと思います

たとえばファストアクションにしても
極端な偏りのないテーパーデザインが施されているので
ティップを曲げただけで、連動してベリーからバットのパワーも感じられるような
底の深い反発力が強く印象に残りました


スピニングモデル
03
WSS-ST61UL “Solid Tip Model”
WSS-ST65L “Solid Tip Model”
WSS61UL
WSS61L
WSS69L+
「WSS61L」、ほしいです
迫りくる車検、自動車税、今年はアパートの契約更新もあるから無理か?(笑)

「WSS61L」は、いわゆるバッシンスピン
今どきの超ライトリグにはたぶん対応しませんし、ベイトフィネスの領域とも一部カブるパワーレンジのロッドなのですが
それでも「ライトリグは基本、スピニングタックルで!」という方にはうってつけの一本だと思います

それと、これこそ個人的意見なのですが
レジットデザイン・ワイルドサイドの特性を知るには、スピニングならまずこの一本ではないかと

スピニングモデルは全般にシャッキリしていますが
キャスティングモデル同様「身の詰まっている感」もあり
かと思えば超高弾性のようなバリッ、キンキンな感じもあり
でも思い切り曲げても不安感がない
早く魚を掛けてみたいロッドです


こんな試作品も見せてもらいました

グラスコンポジットのムービングベイト用
05
CMC68ML(試作品)
CMC68M(〃)
CMC74MH(〃)

06
これらに関しては「あくまでも試作品なので、見た目も番手もこれからまったくの別モノになっていくかもしれません」とのこと

6ft3in~6ft4in、M~MLパワーの、シングルハンドで振り切れるグラスコンポジットもほしいなァ~

(ホリベ)

2015/1/28

<< 2015/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING