サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー対フライ対エサ

ルアー対フライ対エサ

Basser編集部=写真と文
「絶対に負けられない戦いがここに『も』ある」



ということで、本日、千葉県下の某フィールドで

ルアー



フライ



エサ

の対決モノクロ記事取材です



●ルアー(月刊Basser)代表
コバヤシさん(編集部内対決4戦3勝・無敗。寿司勝負での勝率は脅威の10割)

ササキ(4戦3敗・無勝。自称スッパー、自称にょろリスト、自称手漕ぎのスペシャリスト)

●フライ(月刊FlyFisher)代表
ワカノさん(バスフライの経験抱負。今日は仕事せずにフライを巻き巻き。気合い充分)

マツムラ君(新人につき未知数だが、釣りウマの雰囲気はある。現在、編集部最下層の下っ端につき下克上の大チャンス)

●エサ(月刊つり人)代表
マノ君(「エサの捕獲能力超高し。が、釣りのセンスは皆無」byアマノさん評)

オチアイ君(元バスアングラー。「何かヤラかしそう」byアマノさん評)

以上のメンツで競います



それでは各誌の編集長から、選手たちへひと言ずつ

●月刊つり人・ヤマネさん(別取材が入り不参加)
「オチアイ、この時期の付き場とかコンディションとか、バスの生態しっかり勉強しとけよ。勝たなきゃコロス」

●月刊FlyFisher・タキさん(DVD編集作業が佳境につき不参加)
「行けるもんならオレが行きたいよ。けど、バスならワカノだ。頼むぞ、絶対に負けんなよ」

●月刊Basser・アマノさん(本戦の取材と記事を担当)
「コバケンは寿司食ってるイメージしかないけど、ササキはひたすらモッテナイから結果はどうなんだろう……。ま、ウチ(Basser)が言いだしっぺだから、記事書くほうとしては、コバケンとササキに圧勝されても困るんだよね。ワタクシは取材しつつスキッピングの練習に励む所存です」


レギュレーションは
●バサーはルアー、フライフィッシャーはフライ、つり人はエサ(現地調達)のみを使用

●キーパーサイズなしでリミット3尾の総重量で順位を決する

●最下位チームは勝利チームに焼肉をオゴらねばならない

となっております



個人的には、リミット3尾の重量ならバサーが勝つと思います

あと、ササキ、オチアイ、マツムラの争いにも注目ですな

最後にササキからひと言

「僕らが負ける確率は5%もないッスよ」


激しくバサーがビリになる気がしてきました……

(ホリベはTOP50の取材で北浦へ参ります)

2010/6/3

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING