サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー対フライ対エサ

ルアー対フライ対エサ

Basser編集部=写真と文
「絶対に負けられない戦いがここに『も』ある」



ということで、本日、千葉県下の某フィールドで

ルアー



フライ



エサ

の対決モノクロ記事取材です



●ルアー(月刊Basser)代表
コバヤシさん(編集部内対決4戦3勝・無敗。寿司勝負での勝率は脅威の10割)

ササキ(4戦3敗・無勝。自称スッパー、自称にょろリスト、自称手漕ぎのスペシャリスト)

●フライ(月刊FlyFisher)代表
ワカノさん(バスフライの経験抱負。今日は仕事せずにフライを巻き巻き。気合い充分)

マツムラ君(新人につき未知数だが、釣りウマの雰囲気はある。現在、編集部最下層の下っ端につき下克上の大チャンス)

●エサ(月刊つり人)代表
マノ君(「エサの捕獲能力超高し。が、釣りのセンスは皆無」byアマノさん評)

オチアイ君(元バスアングラー。「何かヤラかしそう」byアマノさん評)

以上のメンツで競います



それでは各誌の編集長から、選手たちへひと言ずつ

●月刊つり人・ヤマネさん(別取材が入り不参加)
「オチアイ、この時期の付き場とかコンディションとか、バスの生態しっかり勉強しとけよ。勝たなきゃコロス」

●月刊FlyFisher・タキさん(DVD編集作業が佳境につき不参加)
「行けるもんならオレが行きたいよ。けど、バスならワカノだ。頼むぞ、絶対に負けんなよ」

●月刊Basser・アマノさん(本戦の取材と記事を担当)
「コバケンは寿司食ってるイメージしかないけど、ササキはひたすらモッテナイから結果はどうなんだろう……。ま、ウチ(Basser)が言いだしっぺだから、記事書くほうとしては、コバケンとササキに圧勝されても困るんだよね。ワタクシは取材しつつスキッピングの練習に励む所存です」


レギュレーションは
●バサーはルアー、フライフィッシャーはフライ、つり人はエサ(現地調達)のみを使用

●キーパーサイズなしでリミット3尾の総重量で順位を決する

●最下位チームは勝利チームに焼肉をオゴらねばならない

となっております



個人的には、リミット3尾の重量ならバサーが勝つと思います

あと、ササキ、オチアイ、マツムラの争いにも注目ですな

最後にササキからひと言

「僕らが負ける確率は5%もないッスよ」


激しくバサーがビリになる気がしてきました……

(ホリベはTOP50の取材で北浦へ参ります)

2010/6/3

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING