サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ラインは本当に強くなりました

ラインは本当に強くなりました

Basser編集部=写真と文
魚を掛けて障害物に巻かれて、無理やり引っ張り出してキャッチすることができて

ラインを見たら、ヤバいくらいにキズが入っていた、という経験をしたことがある方は少なくないと思います

09
写真は前々月号のイヨケン・ジョンボート連載(「Car Top,Go Top!」)で青蓮寺湖を釣ったときのもの。クランキングで掛けて、岩の岬の立ち木に巻かれて擦れて、グラスコンポジットロッドを深く曲げたまま耐えていたら魚が出てきてキャッチできた、そのときのFCスナイパー16Lbの状態

この動画の終盤の魚です
動画のほうがラインの傷み具合がよくわかります

フロロにはソフトタイプとハードタイプがあって
耐摩耗性はハードタイプに分があると思いますが
どちらにも共通して、最近のものは本当に「粘り強い」と思います

ひと昔前は、切れてしまった部分が、きし麺のように平べったくなっていたり
枝毛のようにささくれ立っていたりしましたが
今のものはその状態で魚がキャッチできてしまう

取材や試合といったシビアな使い方をされる場面では
とくにそういう強さを感じることが多々あります

(ホリベ)

2014/9/30

<< 2014/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING