サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ムシパターンのアワセ方。

ムシパターンのアワセ方。

Basser編集部=写真と文
どうして昔の写真を連続でアップしているかといいますと、

今、昔の写真を整理中なので

ついでにここ数日ブログを書いてなかった分を取り戻そうというワケなのです。

利根川のお次は「ムシパターンのアワセ方」。

なんの脈絡もありませんが。

そして、とっくに秋ですが。



取材したのは……、たしか2年前?
1
兵庫県の野池でタイニーノイジーをポションとキャスト。甘い着水音にバスが寄ってきます。
アングラーは、もちろん相羽純一さんです。

2
寄ってきたバスがルアーをじーっと観察しています。ほとんどゼロ距離で凝視中。
このときはステイ! アクション厳禁! バスとの我慢比べです。
釣る相羽さん(当時29歳)も、300mmの望遠レンズを構える僕(28歳)も、地べたに這いつくばって草木の陰に隠れながらの取材でした。傍から見たらかなり笑える光景だったでしょう。

3
ムシパターンは食った瞬間が見えるので早アワセしがちです。
が、そうするとすっぽ抜けます。
食って反転したときにカウンター気味にアワせるとばっちり掛かります。
急がず焦らず、けれどこのタイミングを逃さずにフッキングしましょう。
クリックして写真を拡大すると、バスがルアーを吸い込んだこの瞬間は、まだラインにテンションが掛かっていない(相羽さんがアワせていない)ことがわかります。

4
ルアーはタイニーノイジーです。
ちなみに、このときは「アイバムシ」がまだ完成しておらず、
シャッドシェイプのラバー刺しがメインでした。
その後……



アイバムシ・プロトタイプ(2006年TOP50野尻湖戦ウイニングルアー)
釣れるけど使ってるうちに浸水してやがて沈没 → ボツ



アイバムシ。現在、販売中のソフトプラスチックVer.の完成、発売(2007年)。

という経緯を辿ります。

2004年のムシパターン初優勝から実に3年目の製品化成功だったんですね。
今じゃふたりとも三十路を歩いております。(ヤマガタ)

2008/10/6

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING