サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

プレイバック・オールスター2・2009年小森嗣彦選手

プレイバック・オールスター2・2009年小森嗣彦選手

Basser編集部=写真と文
2009年大会で、 
(10月31日・11月1日)

昨日紹介した赤羽選手と優勝を競ったのが

小森嗣彦選手でした。

P1050126
photographs by Hiroshi Fukui(PressAngler)

JB TOP50の年間チャンプを決めた直後の

オールスター初参戦でした。

そのパターンは、

「消波ブロック周りでのダウンショットリグ」。

エリアは、

「ウインディーサイドの風裏」。

試合初日は北東の風が吹いており、

風裏となる麻生・玉造に多くの選手が入っていました。

フィッシングプレッシャーを嫌った

小森選手が入ったのは、

北東の風をモロにうけるエリア(本湖・西浦)。

目をつけたのは、

ドックのちょい沖に設置された消波ブロック。

テトラが作る「ちょっとした風裏」を釣りました。

それもドックからのミオ筋が絡む

スポットを重点的に探るというパターン。

流入河川を釣らなかったのは、

「勝てる魚を獲れるのは本湖」との考えからです。

P1050344

鳥も羽を休めていた?

そして、メインリグは1/16ozダウンショット。

ソフトベイトはレッグワーム、

フックはSSフック♯3という

小森さんのマネーベイトです。

P1050509


P1050511



ラインはフロロカーボンの4Lb。

本湖でライトリグメインの展開は、

多くの選手、観客に衝撃を与えました。

テトラの穴撃ちではなく、

周りを釣ったので、4Lbでもいけたと小森選手。


komori
「テトラで暮らすテナガエビを意識した」と小森選手。

DSC_0296


DSC_0394
暫定トップ席から赤羽選手のウエイインを見て……

初日  3480g 

2日目 3450g

計   6930g  準優勝!

ちなみに小森選手のダウンショットリグの

イロハは、この本に収録されています。

(ササキ)







2011/8/23

<< 2011/8 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING